Amebaニュース

『イノセンス』出演の赤楚衛二、25歳の誕生日迎え感謝「ビックリしております」

3月3日(日) 16:30

俳優の赤楚衛二が2日に自身のアメブロを更新、誕生日を迎えたことを報告した。

「皆さんこんにちは。赤楚です。いつもコメント有難うございます。ニコニコしながら拝見させて頂いてます。」「えー、私、赤楚衛二は3月1日で25歳になりました!」と報告し、「25歳ですよ。四半世紀ですよ。一の位を四捨五入すると30歳ですよ。つまり、アラサーですよ」「まさかね、自分がアラサーになるなんて思ってもいなかったからビックリしております。」と心境をつづった。

「ただね、上京したての頃を振り返ってみると考え方、成熟した部分、未熟な部分、社会や自身に対する責任感色んなモノが見え、色んなモノが見えなくなっていくんですよね。そう思うと俺はアラサーなんだなと思います。笑」と変化を感じている様子で「そんな中、やっぱり変わらず大切な事があるんです。感謝です。これは本当に大事だなと。なので皆様、いつも応援して下さって有難うございます。皆様のおかげで頑張れます。25歳の赤楚も宜しくお願いします。」と呼びかけた。

続けて2日に放送された連続ドラマ『イノセンス 冤罪弁護士』(日本テレビ系)第7話について「第7話の放送ですよ!6話の最後で少しずつ、過去の事件の謎が明かされていきましたね。7話に出てくる「青梅のカサノバ」って名前がなんともキャッチーだなと思いつつ、黒川先生の真実と正義の葛藤が胸に刺さる内容になっております。」と紹介した。

「詳しくは、ドラマをご覧下さい!!物語が後半戦へと進みましたが、今からでも楽しめるので見てない方も是非ご覧下さい!!」と呼びかけ自身の写真を公開して締めくくった。

【関連記事】
「アラサーエイジ。」(赤楚衛二オフィシャルブログ)
赤楚衛二、辛い花粉症を告白「鞄の中には箱ティッシュ常備」
赤楚衛二、坂口健太郎を食べようとする写真に「可愛くて好き」「ほっこり」の声
中川大志『日本アカデミー賞』新人賞受賞に喜び「この夜は一生忘れない」
上白石萌音、ドラマ『記憶捜査』で上司を振り切りダッシュした回数を明かす「幸せな時間だったなあ」
アメーバニュース/ブログ発

関連キーワード

ブログ発新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

ブログ発アクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ