Amebaニュース

堀ちえみ、身体の悲鳴を感じていた過去「持病がある身体なのに」

8月31日(月) 12:20

昨年の2月にステージ4の舌がん(左舌扁平上皮がん)、4月に食道がんの手術を受けたタレントの堀ちえみが、29日に自身のアメブロを更新。身体の不調を感じていた過去を振り返った。

23日にチャリティー番組『24時間テレビ43』(日本テレビ系)に出演し、手術後初めて歌唱した堀は「先週の今頃は、ドキドキでしたね」と述べ、「この一週間は、あっ!という間に過ぎました」とコメント。「これから先は、また精進して、さらに努力を積み重ねていきたいです。仕事はもちろん、日々の生活も、私にとってやり甲斐があり、意味のあることを、丁寧にこなしていきたいと思っています」と心持ちをつづった。

続けて「無理して走らないこと」とも述べ、「実はがんになる前、私は自分の身体の悲鳴を、長年にわたり感じていました」と告白。「それでもやっぱり、自分はまだまだ働き盛りだと過信し、休むことは一切考えずに、ただ夢中になって走り続けてしまいました。持病がある身体なのにね」と回想した。

また「走り続けたことと、がんになったことは、関係あるかどうかは分かりません」としたうえで、「これからは、しっかりと自分の身体の声を聞きながら、充実した日々を、送っていきたいと思っています。思い出をたくさん作って。この先の人生は頑張り過ぎず」とコメント。一方で「でも頑張り努力することって、好きなんだ…」とも明かし、「昨日の私。明日の私はどんな顔をしているのかな」と自撮り写真を公開し、ブログを締めくくった。

この投稿に読者からは「日々を楽しんでくださいね」「かんばり過ぎないで、努力をすること、すごくいい考え方ですね」「無理をせず、私も頑張ろうと元気と勇気をもらいました」「これからも応援しています」などのコメントが寄せられている。

【関連記事】
「本日の家事いろいろ(今日・昨日・明日)」(堀ちえみオフィシャルブログ)
堀ちえみ、下の歯並びが悪くなった理由「口の動かし方が随分と変わったから」
堀ちえみ、舌がん手術後初の生歌披露を振り返る「あぁ生きているんだ」
キンタロー。堀ちえみの生歌に感動「朝から涙がとまらない」
だいたひかるの夫、5年ぶりに不妊治療の相談へ「行けるだけで妻も嬉しいようで」
アメーバニュース/ブログ発

ブログ発新着ニュース

編集部のイチオシ記事

おすすめの記事

ブログ発アクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ