Amebaニュース

だいたひかる、“保険”に入っていなかったと明かす「健康に自信があった」

7月4日(木) 16:21

お笑いタレントのだいたひかるが3日に自身のアメブロを更新。保険についてつづった。

だいたは2016年に乳がんで右乳房の全摘手術を受け、今年3月に乳がんの再発を公表。5月16日に放射線治療を終えたことを報告していた。

この日は「私は病気になる前は健康に自信があったので、保険に入っていなかった」と明かすも、「親が私に2つほど保険をかけていてくれて、ずっと密かに支払っていてくれたので、病気になって保険って大切なんだなぁと実感しました」と述べた。

「親いわく「産んだ責任だから」と言っていましたが…命もらって命拾いまでしてくれて、有り難いです」と親に感謝し、「病気になって保険は精神的な薬になりました」とコメント。

この投稿に読者からは「本当にいいお母さんですね」「毎月微々たる掛け金の保険しかかけてませんでしたが、乳がんになって毎回治療費を払う度に、保険入ってて良かったと思います」「手術はもちろん、抗がん剤もかなりな高額ですからね」などの声が寄せられている。

【関連記事】
「保険の事」(だいたひかるオフィシャルブログ)
だいたひかる、交際半年で結婚した夫を「100%信用できる人だと思った」エピソードを明かす
だいたひかる、結婚当初の体型に戻りつつある夫を公開「原形を取り戻してきた」
だいたひかる、祖母が亡くなったことを報告「101歳10ヶ月を、私も目指そう」
だいたひかる、放射線治療が決定した時に夫がくれた“切符”「一人でも行きます!」
アメーバニュース/ブログ発

関連キーワード

ブログ発新着ニュース

編集部のイチオシ記事

おすすめの記事

ブログ発アクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ