加藤貴子、富士山キャンプで感じた子ども達の成長「家では学べないことをたくさん経験できた」

※加藤貴子オフィシャルブログより

加藤貴子、富士山キャンプで感じた子ども達の成長「家では学べないことをたくさん経験できた」

5月16日(木) 15:50

女優の加藤貴子が15日に自身のアメブロを更新。“サクボン”こと長男と“アントン”こと次男を連れてキャンプに行ったことを報告した。

この日加藤は「ゴールデンウィークに今年もまた、富士山の麓にあるキャンプ場に行って来ました。安定しない天気で、今回もコテージの宿泊になってしまいましたが、とっても充実した楽しい時間を過ごすことが出来ました。」と明かし「昨年ここで、周囲を大人に固められながらヨチヨチ初節句を迎えたアントンも、今年は自由に、草原をスタコラ駆け回っていました。寝転がったり、裸足になって地面の感触を楽しんだり、蝶々を追いかけたり……ちっちゃな身体で、大自然をめいいっぱい満喫していました。」(原文ママ)と次男の成長をつづった。

長男は「小学生のお兄ちゃんたちに混ぜてもらって、背伸びした遊びに挑戦していました。水掛けおいかけっこ、かくれんぼ、ご飯の支度、バーベキュー、ウクレレ、夜のカードゲームの『人狼』などなど…」とのことで「すべて“おみそ”的存在でしたが、わかった風な表情でお兄ちゃんやお姉ちゃんたちについてまわって、時々かったるい感じで言ってみる(「でさぁ、みんなつぎどうするぅ?」みたいな)主要キャスト気取りを完全スルーされたりしながら、一生懸命参加していました。付き合ってくれた子どもたちに、大感謝でした。」と明かした。

また「家では学べないことをたくさん経験できたと思います。」と心境をつづり「あんまり楽しそうにしてたので、これで弟のアントンの面倒も見てくれるかな~、と甘い期待が一瞬よぎりましたが、やはり、そうは問屋が卸さない、でした。(サクボンなりに必死にくらいついてて、それどころじゃなかったのでしょうかね)」と息子達のキャンプの様子を写した写真を続々と公開しブログを締めくくった。

これに対してファンからは「子供にとっても親にとっても良い経験をしたんですね!」「素敵なGWでしたね」「それにしても楽しそうですね~」などのコメントが寄せられている。

【関連記事】
「子育て  『令和元年 富士山キャンプ』」(加藤貴子オフィシャルブログ)
加藤貴子、扁桃腺を摘出した息子の経過を報告「食う!寝る!遊ぶ!子どもにとって、いかに大事か」
加藤貴子、次男が初めて“素足で波打ち際”を楽しむ「足の裏でじっくり感じていました」
加藤貴子、手術後に食欲が5倍になった息子「お代わり3杯が当たり前」
加藤貴子、息子が手術を終え退院するも「もうひと頑張りです」
Ameba News/ブログ発

関連キーワード

ブログ発 新着ニュース

合わせて読みたい記事

データが取得できませんでした。

編集部のおすすめ記事

データが取得できませんでした。
Ameba News

エンタメ アクセスランキング

急上昇ランキング

注目トピックス

Ameba News

注目の芸能人ブログ

Ameba News