金爆・鬼龍院翔、CDデビュー10周年を迎える「これからも沢山歌っていきます」

※キリショーオフィシャルブログより

金爆・鬼龍院翔、CDデビュー10周年を迎える「これからも沢山歌っていきます」

5月2日(水) 12:57

ヴィジュアル系エアーバンド・ゴールデンボンバーが、5月1日にCDデビュー10周年を迎え、メンバーのキリショーこと鬼龍院翔が自身のアメブロを更新している。

ゴールデンボンバーは、2008年5月1日に「抱きしめてシュヴァルツ」でCDデビュー。鬼龍院によれば、CDデビュー以前は自らCD-Rに焼いた音源を手売りしており、CDショップで販売するようになったのは、この「抱きしめてシュヴァルツ」が初。

「その頃はしっかりプレスされて印刷や盤面が銀色ピカピカのCDを作ることやCDショップに並べられることに憧れていました しっかり感謝しなくてはなぁ」と、CDデビューは夢が叶った瞬間だったことを振り返る。

今ではライブの定番曲である「抱きしめてシュヴァルツ」は、「秋葉原のドンキホーテの上の劇場でAKB48さんを観に行ったときに見た「嘆きのフィギュア」という曲に影響を受け、そこからネタ元と思われるものを辿りWinkさんにハマり、アイドル歌謡とユーロビートと若干のロックを混ぜた感じになっております」(原文ママ)と、制作当時の秘話を明かした。

「売れる勝算も気配も何も無い、下品さと意地とパトスしかない無名のゴールデンボンバーを10年前に拾ってくれて世話してくれてCDデビューさせて頂いた今の事務所さんに感謝です」と事務所に感謝を述べると共に、「これからも沢山歌っていきます」ゴールデンボンバーデビュー10周年おめでとう」とこれからの意気込みをつづった。

【関連記事】
・「CDデビュー10周年」(キリショーオフィシャルブログ)
・鬼龍院翔「お金を稼ぐことに興味はありません」バンド活動する上で一番重要視すること
・金爆・鬼龍院翔、喜矢武豊の誕生日をお祝い「ケーキ可愛い!」「感動しました」の声
・鬼龍院翔、“月”の衣装で「頭皮の血が止まる」
・金爆・樽美酒研二 37歳の誕生日をお祝い「これからも素敵な身体(ケツ)を保って見せてね」
Ameba News/ブログ発

ブログ発 新着ニュース

合わせて読みたい記事

データが取得できませんでした。

編集部のおすすめ記事

データが取得できませんでした。
Ameba News

エンタメ アクセスランキング

急上昇ランキング

注目トピックス

Ameba News

注目の芸能人ブログ

Ameba News