大和田美帆が蜷川幸雄さんからの「やめちまえ」に感慨

※大和田美帆オフィシャルブログより

大和田美帆が蜷川幸雄さんからの「やめちまえ」に感慨

5月13日(金) 18:50

舞台演出家の蜷川幸雄さんが12日。肺炎による多臓器不全のため亡くなった。80歳だった。5月25日にはシェイクスピア作品・『尺には尺を』の初日が控えていた中での逝去となった。蜷川さんに対しては、多くの人が追悼を述べている。

蜷川さんの娘で写真家の蜷川実花氏は、

「今日、父が逝ってしまいました。
最期まで闘い続けたかっこいい父でした。
父の娘でいられたことを誇りに思います」

と述べた。片岡愛之助(44)は、ブログで、

「お芝居観に伺って、良くお話しさせて頂きましたね、
悲しすぎです。

頂いたお話し実現出来なくて非常に残念でした。

天国でも素敵なお芝居つくって下さい」

と述べた。また、蜷川氏といえば、灰皿が飛んでくるとも言われるほどの熱血指導が有名だったが、これを懐かしがるのが女優・大和田美帆(32)だ。病床へ会いに行けなかったことを後悔しつつも、蜷川さんの厳しい指導をこう振り返る。

『「死ね!ばか!やめちまえ!」

稽古でそう怒鳴られるたびに

「やめたくない。芝居しかない」と自分がどれほど演劇が好きなのか気づかせてもらいました。

「おまえの代わりなんて沢山いるんだよ!」

そう言われるたびに

「私にしかできないことをしなくては」と、一層稽古に没頭することができました。

稽古中に「帰れ!!」と言われ

鼻水垂らしながら
「帰りません!!」と叫んだあのときの

情熱、想い、悔しさ、勢い、未熟さ、、、

全て蜷川さんが生み出してくれたもの」

こうした蜷川さんの言葉は優しいものだとしたうえで、有難く、これからも「やめちまえ」の声を胸に精進すると誓った。大和田は蜷川さん演出の舞台『ガラスの仮面』(2008年)で主人公・北島マヤを演じた。そして、当時の写真も公開し、蜷川さんを偲んだ。

【関連記事】
「蜷川さん」(大和田美帆オフィシャルブログ)
能年玲奈 「あまちゃん」ママ・小泉今日子との2ショット公開
元AKB永尾まりや 板野友美とのディズニーシー行きを報告
肉体改造挑戦中のTKO木本 目標はウルトラマンみたいな体
指原莉乃がモー娘。『泡沫』購入「広まって欲しい」
Ameba News/ブログ発

関連キーワード

ブログ発 新着ニュース

合わせて読みたい記事

データが取得できませんでした。

編集部のおすすめ記事

データが取得できませんでした。

エンタメ アクセスランキング

急上昇ランキング

注目トピックス

Ameba News

注目の芸能人ブログ