上原さくら、30歳から受診している人間ドック「10回は同じコースで検査をしている」

提供:Ameba News/ブログ発

タレントの上原さくらが7日に自身のアメブロを更新。30歳から人間ドックを継続して受診していることを明かした。

この日、上原は「今日は1年に1度の人間ドックでした」と報告し、自撮り写真を公開。「30歳の頃から同じ場所、同じ先生、同じコースを受けています」「10回は同じコースで検査をしている」と明かし、「同じ先生に診て頂いてるので私の体質もよく知って下って、いつも最後にこれから1年の食事や生活習慣など適切なアドバイスをもらって帰ります」(原文ママ)と説明した。

続けて「私はいつも検査が終わった瞬間にお水を飲みたいので、胃カメラの時は鎮静薬も、喉の麻酔もゼロです」と明かし、「喉もカラカラだけど、前日の夜からご飯も食べていないからお腹減りすぎがツラくて」と告白。「最後に持ち帰りのお弁当を頂けるのですが…家まで待てず、帰りの車内で食べました」と、病院から支給された弁当の写真を公開し「このお弁当、ほんとに美味しいんですよ 毎年これが検査の後の楽しみ」とつづった。

また「娘が生まれてから、今まで全く思ってもいなかった『なるべく長く、娘が幸せに生きているのをしっかり見届けたい!』と思う『長生き願望』が出てきました」と述べ、「悪くなる前に予防出来たり、悪いところを早期発見して治療が出来て、健康に長生き出来るのなら、それに越したことはありません」とコメント。

そのため「人間ドックはこの先も1年に1度、必ず受けていきたいと思います」とつづり、「早く娘に会いたくて急いで帰ったのに、娘に おかえりチュー して~!と言ったら いや~~ と返されて切なかったです」と娘とのやりとりも明かした。

これに対し読者からは「人間ドックお疲れ様でした」「ご褒美ランチがついてるとちょっと楽しみがあって頑張れますね」「娘ちゃんの幸せな姿を長く見守る為にも、元気でいなくちゃですね」などのコメントが寄せられている。

関連記事

Ameba News

著者AmebaNews編集部

ブログ発 新着ニュース

合わせて読みたい記事

データが取得できませんでした。

編集部のおすすめ記事

データが取得できませんでした。
Ameba News

注目トピックス

エンタメ アクセスランキング

急上昇ランキング

Ameba News

注目の芸能人ブログ

Ameba News