Amebaニュース

つんく♂『Nursing Now』公式ソングをプロデュース「超張り切って制作」

5月13日(水) 18:08

ハワイを生活の拠点にしている音楽プロデューサーのつんく♂が、12日に自身のアメブロを更新し『Nursing Now』公式ソングのサウンドプロデューサーとして任命されたことを報告した。

毎年5月12日は旧厚生省により制定された「看護の日」で、この日を含む1週間は「看護週間」とされている。『Nursing Now』は、看護師がより一層活躍するための条件や環境を整え、人々の健康の向上に貢献することを目指す世界的なキャンペーンであり、多くの看護系団体の賛同・参加により発足されている。

看護職への応援ソングを手掛けることになったつんく♂は、「とにかく自由な発想で、つんく♂らしくお願いしますと一任されておりますので、超張り切って制作させていただいております」と意気込みをつづった。

続けて、自身が2014年10月に咽頭がんにより声帯を摘出した事に触れ、「話せないことは手術前からわかっていたことですが、それより何より手術後の痛みが強烈で我慢なりませんでした。そうすると体だけでなく、心まで病んで行くんですね。「ああ、つらいな」って」と回想。しかし、「カラダは病気だったけど、今は回復に向かってる。なのに何を落ち込んでるんだろう・・・「そうだ、心はいつでも元気になれる。心が元気かどうかを決めるのは俺だ!」」と感じた事をつづり、「今回のプロデュースの依頼があり、真っ先に思い出したことがその事でした」とコメント。

また、今回の作品について「看護師の皆さんの応援ソングであるんですが、でも、やはり看護師の皆さんが世の中の全ての人にお届け出来るような そんな元気ソングを制作いたしました!」と説明。「僕たちに出来ることは限られおりますが、どうぞ、皆さまのお力で世の中に「元気」をお届けしていただきたくそう思います!」「どうぞよろしくお願いします!」と呼びかけた。

【関連記事】
「Nursing Now公式ソング「元気の歌」サウンドプロデュースと歌詞に関して。」(つんく♂オフィシャルブログ)
つんく♂、こどもの日に取り寄せたシマアジに驚き「子どもらも大興奮!」
つんく♂、ひな祭りのお祝いで“手作りの桜餅”用意するも「あれ?もうこんなに無いやん!」
つんく♂、ハワイで楽しんだ節分の様子「子供らに伝えていくことって大事だなぁ」
つんく♂、息子にサプライズで行った店「やっぱ健康で長生きしなきゃな」
アメーバニュース/ブログ発

ブログ発新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

ブログ発アクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ