笠井アナ、退院を報告「新しい命をもらって、新たな第一歩を」

※笠井信輔オフィシャルブログ・ヘッダー

笠井アナ、退院を報告「新しい命をもらって、新たな第一歩を」

4月30日(木) 15:21

元フジテレビアナウンサーの笠井信輔が、30日に更新した自身のアメブロで、退院を報告した。笠井アナは昨年の12月19日に情報番組『情報プレゼンター とくダネ!』(フジテレビ系)に生出演し、悪性リンパ腫にかかったことを告白。その後は入院生活を送りながら抗がん剤治療を受けてきた。

この日、笠井アナは「おはようございます。特別な朝を迎えました」「ついに今日退院できるのです。家に帰ることができるのです」と報告。入院時に担当医から「場合によっては、入院は1年は覚悟してください」と告げられたことから、「嘘のようです」とつづった。

一方で「まだ来月中旬の最終チェックが残っています」とも明かし、「その最終チェックで全身のがんが消えていることがわかれば、「寛解」と言えるのかもしれません」と冷静にコメント。しかし「でも、ここまで、想定する最短期間でこられた事は事実です」とも述べ、「病院の先生方、看護師さんには本当に感謝しています。ブログやInstagramを通じて応援して下さった皆さんの声がどれだけ励みになったことか。そしてこの期間中、何よりも家族のありがたみを知りました。」と感謝を述べた。

続けて「4ヶ月半を振り返ると、いろいろ得たことが多かったな」「これまでの自分を、これからの生き方を考える時間を与えてくれた入院期間でした」とも述べ、「昨日、マスコミ業界の大先輩、スポーツニッポンの超ベテラン芸能記者、脇田さんから1本の動画を送ってもらいました」と米アップル社の共同設立者の一人、スティーブ・ジョブズの言葉をつづった動画を紹介。

「ジョブズがなくなったのは、56歳」「私が、悪性リンパ腫の告知を受けて、入院生活を送ったのも56歳…」としみじみ述べ、「先日、誕生日を迎え57歳になりました。ジョブズが迎えることができなかった57歳です」「新しい命をもらって、新たな第一歩を踏み出すにあたり、このジョブズの言葉がとても心に響きます。 いろんなことを大切に生きて行かなきゃいけないなと。退院の日を迎えて、今思っています」とつづった。

この投稿に読者からは「笠井さん退院おめでとうございます」「長い入院生活お疲れ様でした!」「自分のことのように嬉しいです」「ジョブズの動画は心に染みました」「今、生きている。この瞬間に、私も、感謝です」などのコメントが多数寄せられている。

【関連記事】
「本日退院です!皆さんに感謝」(笠井信輔オフィシャルブログ)
笠井アナ、退院が決まったことを報告「こんなに短い期間で退院できるなんて」
笠井アナ、採血結果を報告「行動制限と食事制限が解けました」
大島康徳、コロナ感染から回復した片岡篤史と電話「笑い話もしました」
だいたひかる、乳がん治療で髪が無かった頃の写真「素敵な笑顔」「カッコいい」の声
Ameba News/ブログ発

ブログ発 新着ニュース

合わせて読みたい記事

データが取得できませんでした。

編集部のおすすめ記事

データが取得できませんでした。

エンタメ アクセスランキング

急上昇ランキング

注目トピックス

Ameba News

注目の芸能人ブログ