Amebaニュース

だいたひかる、人生で得た“教訓”をつづる「自分が腐ったらおしまい」

3月14日(土) 18:04

お笑いタレントのだいたひかるが13日に更新した自身のアメブロで、これまでの人生で得たという教訓についてつづった。

だいたは2016年に乳がんで右乳房の全摘手術を受け、昨年3月に乳がんの再発を公表。同年5月16日には放射線治療を終えたことを報告している。この日は、ブログ読者からのコメントをスクリーンショットで紹介した。

5年前にがんになり、1年前に放射線治療を行ったという読者から「別居を決意しました」「色々と寂しさもありましたが」「今は家を探して子供たちと新しい、楽しい未来が待っているようでワクワクしています」などとつづられており、これに対し「ガンになっても、ガンと付き合いながら生きていく時代ですので お子さん達との新しい生活に、目を向けるのは凄くプラスな流れをつくってる事だと思います」とコメント。

続けて「生きてきた中で、私なりに一番強く感じた教訓は…自分が腐ったらおしまいなんだと思いました」と明かし、「大変だと思う経験は、いま私は発酵中と思う事にしています!」「これから芳醇な日々が待っていると思うんです!」と持論を展開し、最後に「応援していますよ」と読者にエールを送りブログを締めくくった。

【関連記事】
「ガンは付き合う時代」(だいたひかるオフィシャルブログ)
だいたひかる、乳房全摘出後の読者へエール「胸が無くても未来が有るから」
だいたひかる、抗がん剤による脱毛時に助けられたアイテム「生き返った気分になります」
だいたひかる、乳房再建をしなかった理由明かす「私の命と向き合うペースにはあっていました」
だいたひかる、局所再発から1年経過し“言えること”「本当に心強い」「励みになっています」の声
アメーバニュース/ブログ発

ブログ発新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

ブログ発アクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ