Amebaニュース

PINKY、震災当時のエピソードを振り返る「母の名前が無いかずっと見ていました」

3月12日(木) 17:54

俳優・窪塚洋介の妻・PINKYが11日に自身のアメブロを更新し、震災で家をなくした母親への思いをつづった。

PINKYは「東日本大震災から9年。毎年このblogに書いているのですが、多くの方が見てくださるようになった今、今年もまた書かせていただきたいと思います」と切り出し、「私の実家は岩手県の内陸部なのですが、当時は母が単身赴任で宮古市の下に位置する山田町という海沿いの町に暮らしていて被災しました」と当時を振り返った。

母親とは3月11日から3日間にわたって連絡が取れなかったといい、そのため「ニュースで死亡者の欄に母の名前が無いかずっと見ていました。どうにかして母の安否が知りたかった」と回想。「半ば諦めかけていた3日後、弟から、「姉貴!母さん生きてた!」という連絡が来て、それから間もなく母と電話で話せた時のこと…言葉に出来ないくらいの感謝と安堵の気持ちを、一生忘れることは出来ないと思います」とつづった。

PINKYはそんな母の「今の自分を、一瞬一瞬を、大事に大事に、誠実に生きること」という言葉を紹介し、「この言葉を胸に 自分や家族を守るための備えは万全にして、安心も心配もせず、誠心誠意、日々を生きていこうと思います」とコメント。「亡くなられた方々のご冥福を心からお祈りします」と述べるとともに、「愛に溢れた毎日を過ごせることに心から感謝します」と述べた。

この投稿に「素晴らしいブログ記事に感謝します」「改めて学ぶことがたくさんございました」「毎年、アップしてくれてありがとうございます。もう会えない人達をいつもより思う日です」などのコメントが寄せられている。

【関連記事】
「3月11日」(PINKYオフィシャルブログ)
PINKY、ボブヘアの時短アレンジを公開「適当にゆるっとクシャッと巻いただけ」
PINKY、夫・窪塚洋介との5年前の2ショットを披露し現在と比較「ますます若返ってて羨ましい」
川崎麻世、東日本大震災から9年“忘れられない”日々を思う「頑張ろう日本」
サンド伊達、東日本大震災から9年「感謝を伝えられる番組や企画はこれからも続いて欲しい」
アメーバニュース/ブログ発

ブログ発新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

ブログ発アクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ