Amebaニュース

小川菜摘、息子達の幼少期に言い聞かせた事「大人になってからもそれはとても大切」

11月12日(火) 14:11

タレントの小川菜摘が11日に更新した自身のアメブロで、息子達に言い聞かせた教えについてつづった。

この日、小川は自身が出演していた舞台『ボクのサンキュウ。』の作・演出を大阪の劇団『空晴(からっぱれ)』の岡部尚子が手掛けたことを説明し、「べっちとまた一緒に作品を作れて本当に良かった!!」とコメント。「べっちの描く人と人との絆 人の弱さや苦しみ悲しみ 心の奥深くに感じる共感」と述べた。

続けて小川は、「知らないのは仕方ない でも、いつまでも知ろうとしないのは 想像さえしないのは罪だよ」という劇中のセリフを紹介。「この言葉は、状況はちがえども、私が2人の息子達にも小さい頃から言って来た言葉」と明かし、「自分が言った言葉で、相手が嫌な顔したり、悲しそうな顔したら、、何故なのか想像しなさい」「それを気付けたら、すぐに「ごめんね」と言おうね、、、って。幼かった彼らに、繰り返し繰り返し言い聞かせた言葉です」と述べた。

小川は「大人になってからもそれはとても大切な事」と述べ、「人は色々な事を抱えて生きています 顔で笑って居ても、心は悲しみでいっぱいな時も それを表に出せない時もある」「でも誰かがそれを「想像」してくれて、相手に関わろうとしてくれること、これって本当に大切な事だと思っています」と自身の考えを説明。「今回の「ボクのサンキュウ。」はそれが根っこになっている作品でした」「べっち!!!素敵な作品に出させてくれてありがと~~「べっちにサンキュウ」です」と岡部との写真を公開しブログを締めくくった。

【関連記事】
「岡部尚子ちゃん」(小川菜摘オフィシャルブログ)
小川菜摘、舞台を観劇した夫・浜田雅功の言葉に「嬉しい~~」
小川菜摘、約1か月ぶりに帰宅し夫・浜田雅功ら家族に感謝「掃除も洗濯もしてあって」
保田圭、息子が初めて愛犬の散歩に挑戦「転んでもリードだけは離さず」
小原正子、性格が全く違う息子達「年の差という問題じゃない」
アメーバニュース/ブログ発

ブログ発新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

ブログ発アクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ