Amebaニュース

市川海老蔵、話しかけてきたアメリカ人の言葉に感激「泣きそうになるわ」

9月24日(火) 16:54

歌舞伎俳優の市川海老蔵が22日に自身のアメブロを更新。話しかけてきたアメリカ人の言葉に感激したというエピソードを明かした。

この日、海老蔵は「ご飯べていたら アメリカ人の方が 話しかけてきて」とアメリカ人に「私は貴方の勧進帳をいつも見る」と話しかけられたことを説明。「大阪にも行った!そのために」とも言われため、海老蔵が「なぜ?」と尋ねたところ、「貴方のお爺様が好きだ」「かっこがいい!声もいい」との回答があったという。

海老蔵は「へーそんな事アメリカ人の方に言ってもらえるなんて じーちゃん!!やっぱすげー」と祖父である十一代目市川團十郎についてコメント。「その方は生きた祖父は見ていないそうですが、とにかくカッコいい!」と祖父を絶賛していたといい、「貴方は似てるから見る!とさ」「泣きそうになるわ」と感激したことを明かした。

「じいーちゃんは死んでない 人の心の中にしかも他国の方の中にも生きている。それが泣ける」「麻央も もちろん父も 先祖達 皆 少なからず私の心の中に生きている」とつづり、朝食をとる娘・麗禾ちゃんの写真を公開。

続けて初代・市川團十郎が口にした「300年生きてみせる!」「そして生まれ変わり世界を変える」という言葉を紹介。「400年経とうしているが 貴方は少なからず私の中に生きている そして私を通して2019年の人々に」と述べ、「なんとも凄い先祖をもったとつくづく感じる朝でもある」とつづった。

この投稿に「素敵な朝の出会いでしたね」「時を超えて死を超えて伝わってゆくものがありますね」「ご先祖様も、お父様も、麻央さんも、海老蔵さんの中に生きている!あらためて、そこに気づけた事がなによりではないでしょうか・・・」などのコメントが寄せられている。

【関連記事】
「そして嫌なこともあれば嬉しい事もある」(市川海老蔵オフィシャルブログ)
市川海老蔵が舞台の稽古場にペヤングの差し入れ「すぐ無くなりますっ」
市川海老蔵、ホテルオークラ東京で母の誕生日祝い「麻央ともよく来てました」
片岡愛之助、妻・藤原紀香の『サザエさん』を観劇「笑えて泣けて感動して」
市川右團次、左手の小指が曲がり病院へ「やだねぇ~~…」
アメーバニュース/ブログ発

ブログ発新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

ブログ発アクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ