Amebaニュース

だいたひかる、乳房全摘後の温泉・プールについて言及「諦めなければいけない事だと思っていたのですが…」

5月20日(月) 18:30

乳がんの再発を公表しているお笑いタレントのだいたひかるが19日に自身のアメブロを更新。諦めかけていた温泉とプールについて言及した。

放射線治療後、初めて温泉に入ってきたというブログ読者から「久しぶりに手脚を伸ばして気持ちよかったー!自分ではまだ照射あとの黒ずみや創の凹みが気になりますが、人ってそんなに他人様のこと見てないですね笑  夏にはプールにも入ってみようと思ってます」というコメントを紹介し、だいたは「温泉再デビューおめでとうございます」と述べ、自身についても言及した。

「私も全摘手術をした時は、今後の人生で諦めなければいけない事だと思っていたのですが…温泉もプールも行きました」と振り返りながら、現在についても「いま放射線治療後まもないのですが、落ち着いたら温泉もプールも再デビューしたいと思っています!」と意気込みをつづった。

また、「人は人様の事は良い感じで見ていないです」「それは私も自意識過剰だったのかな?と思うほどでした」といい、「なので全摘しても抗がん剤しても、放射線後も温泉もプールも行ける事を知ってもらいたいし、自分が気にしなければ楽しめる事を知って貰えたら良いですね」とコメントした。

最後に、だいたはブログ読者に対して「体験談おしえていただきありがとうございます プールも楽しんで来てくださいね」と感謝を述べ、「私も今後の温泉とプールを楽しみに頑張ります」とブログを締めくくった。

この投稿に「私も温泉再デビューしてます。人の目が気になってましたがエイッ!ってはいってしまったら、温泉最高」「16日に銭湯に行って来ました!右全摘で今1年半クリアしたところです」など、術後に温泉再デビューをしたという声が寄せられるほか「ちょっとまだ戸惑いがあったのですが、今日のこのブログに背中を押してもらえた気がします」「私も、術後は、温泉は無理だと思っていましたが、皆さんのブログをみて、行けると思えるようになりました。」などの声が寄せられている。

【関連記事】
「諦めかけた温泉とプール」(だいたひかるオフィシャルブログ)
だいたひかる、結婚後に夫に言われ守っていること「愛を感じます」「羨ましい」の声
だいたひかる、“がん発見までに時間がかかりがちな理由”を分析「怖いのは放置する事」
だいたひかる、“ウィッグ遍歴”を公開「似合ってます」「どっちもお洒落」の声
だいたひかる、放射線治療の体験談に涙「再発を告知されても泣きませんでしたが…」
アメーバニュース/ブログ発

関連キーワード

ブログ発新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

ブログ発アクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ