Amebaニュース

キンコン西野、バレンタインデーに“大失態”「ハンサムの無駄遣い。痛恨のミスです」

2月16日(土) 17:40

お笑いコンビ・キングコングの西野亮廣が15日に更新した自身のアメブロで、バレンタインデーでの“大失態”をつづった。

西野は前日のバレンタインデーの夜、新たなる仕事に関する良いアイデアが思い浮かばず、数時間後「ついに諦めて「こうなったら呑みに行こう!」となった」というが、「ところが23時前。こんな時間から、誰かを呼び出すわけにはいきませんし、かといって一人で呑みに行くのもチョット………というわけで、オンラインサロンに投げてみたした」と、自身が運営するオンラインサロンの会員に対して誘いの投稿をしたと明かした。

「ありがたいことに僕のオンラインサロンには2万人のメンバーがいるので、近所で呑んでいるメンバーがいるハズ。案の定、すぐに「今から行きます!」と手が上がり、酒場で合流」と、すぐに会員の男性3人と合流し「男四人で夜な夜なエンタメ話に花を咲かせます」とその場が盛り上がったといい、「それはそれは大変楽しく、大変有意義な時間でありました」とつづった。

しかし、隣の席に座っているカップルを見て「今日、バレンタインデーじゃね?」と気が付いたといい、「我がテーブルに漂ってくるのは加齢臭。ギャルのギの字もなければ、チョコのチの字もありません。バレンタインデーに、なんということをしてしまったのでしょう。」と嘆きをつづり、「私は、かの有名なシャパニーズハンサム・西野亮廣です。なんというハンサムの無駄遣い。痛恨のミスです」と述べ、自身の写真を公開した。

続けて、合流した会員らとの4ショットを公開し、「頭を抱える西野」とコメントするも「「サロンメンバーとの交流が深まった」ということで無理矢理プラスに考えたいと思います。」と述べ「それでは皆様、今日も一日、頑張りましょう!」とつづりブログを締めくくった。

【関連記事】
「『ハンサムの大失態!』by キンコン西野」(西野亮廣オフィシャルブログ)
キンコン西野、オンラインサロン会員が2万人を突破し自身の「口癖」を紹介
キンコン西野、今なら胸を張って言える「キングコングは面白い」
キングコング西野、書店予約の新刊全てに直筆サイン「紙の本に可能性しか感じない」
キンコン西野、YouTuberになった相方・梶原について言及「別に問題ない」
アメーバニュース/ブログ発

ブログ発新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

ブログ発アクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ