嘉門タツオ、浅草で職質され荷物検査「オレって怪しい?」

※嘉門タツオオフィシャルブログより

嘉門タツオ、浅草で職質され荷物検査「オレって怪しい?」

4月11日(水) 13:39

シンガーソングライターの嘉門タツオが、10日に更新したアメブロで、浅草で職務質問されたことを明かしている。

嘉門は、1983年にリリースされた『ヤンキー兄ちゃんのうた』でレコードデビューを果たし、全日本有線放送大賞とTBS日本有線大賞で新人賞を受賞。以後「小市民」「鼻から牛乳」「替え唄メドレーシリーズ」などヒット曲を多数リリースし、1992年の第6回 日本ゴールドディスク大賞にて「天賦の才能」でアルバム賞を受賞。精力的な活動を続け、現在でもラジオやテレビ、ライブ、執筆活動など幅広いジャンルで活躍している。

そんな嘉門だが、なんと浅草で職務質問されてしまったという。「浅草にて職務質問されたー」と切り出すと、「嘉門タツオですと言ったら よく聞いてましたーと言ったわりに 免許証の提示と荷物検査」と、嘉門タツオと名乗ってもチェックが入ったことを報告。「オレって怪しい?」とボヤいた嘉門に、読者からは「麻薬の密売人かと思ったんちゃいます?ギター持って浅草て、、、」「きっと『あっ嘉門タツオだ!』となって職質したファンなんですよ!」などといった声が寄せられた。

ちなみに同日、ナイツの塙宣之も自身のアメブロを更新。「嘉門さん」というタイトルで、「お笑い演芸館に嘉門タツオさんが来てくれました」と報告すると、「子供の時に兄貴といつも聞いて笑っていました。塙兄弟のルーツは嘉門さんにあるんだと気付かされました。」とつづっていた。

【関連記事】
「職質」(嘉門タツオオフィシャルブログ)
「嘉門さん」(塙宣之オフィシャルブログ)
嘉門タツオ パーマ大佐に「面白い歌どんどん作ってね!」
はなわ、新曲『拝啓、かっこ悪い親父』反響に感謝 10日で再生30万回
ピコ太郎の結婚パーティーでさだまさしが『関白宣言』疲労 出席した芸人が「ハンパない」と興奮
Ameba News/ブログ発

関連キーワード

ブログ発 新着ニュース

合わせて読みたい記事

データが取得できませんでした。

編集部のおすすめ記事

データが取得できませんでした。
Ameba News

エンタメ アクセスランキング

急上昇ランキング

注目トピックス

Ameba News

注目の芸能人ブログ

Ameba News