Amebaニュース

川崎希、“ドケルバン病”が悪化 箸を持つのも難しいと訴える

3月15日(木) 16:46

タレントの川崎希が14日、自身のアメブロを更新。“ドケルバン病”が悪化し、箸を持つのも難しい状態だと報告した。

4日更新のブログで川崎は「手の病院へ行ってきたよ〜ドケルバン病ってやつみたい」と報告。「妊娠中や産後になりやすい腱鞘炎で普通はこんなにならないくらいの 手の使い方でもホルモンの関係で産後はなりやすくなるみたい涙」とテーピングで固定した手首の写真を公開していた。手の痛みはひどくなっているようで、川崎の代わりに「アレクがアイロンしてくれたよ〜」と夫でタレントのアレクことアレクサンダーがアイロンがけする写真を公開した。

川崎は「私の手が悪化してお箸も持つのが難しくなってきてお手伝いしてくれたよ」とつづり、「早く治って欲しいけど手を使うとすぐ悪化するんだ涙 ありがとう〜」と締めくくった。

日本整形外科学会のホームページによると、“ドケルバン病”は狭窄性腱鞘炎とも呼ばれる腱鞘炎の一種と説明されている。

【関連記事】
手が痛すぎる涙(川崎希オフィシャルブログ)
病院に行ったよ(川崎希オフィシャルブログ)
アレク、妻・川崎希が“ドケルバン病”と診断「しばらく安静かな」
川崎希、夫・アレクが髪に金メッシュ入れ激怒「もぉ〜!!」
川崎希、予防接種が終わったばかりの息子の表情公開 立ち会った義母が泣き出す
アメーバニュース/ブログ発

ブログ発新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

ブログ発アクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ