Amebaニュース

間下このみ 自らも経験した「不育症」の『コウノドリ』登場について言及

12月10日(日) 13:32

写真家でタレントの間下このみが、「不育症」がドラマ「コウノドリ」(TBS系)で取り上げられたことについて、9日のアメブロにて言及した。不育症とは、反復して妊娠はするが、その妊娠を完遂できず、流産や早産、死産などで健常な生児に恵まれない状態のことをいう。間下は2006年、死産を経験した末に翌年女児を出産。『ママになりたい… ~ハイリスク出産を越えて~ / たまご日記 ~ちいさな命の記録~」の著書がある。

『コウノドリ』では、今まで2回流産して、3回目の流産を迎える女性を描いていたが、その確率は0.3~0.8%だという。

間下は、ドラマを見て、「私もおなかの中で赤ちゃんを亡くした経験があり またその後不育症の原因のひとつと言われている病気が、検査で自分にあることがわかったこともあって あの時の自分と重ねるというか、十数年前の事を思い出しながら…」と、感想を述べた。さらに、こう続ける。

「亡くなった子どもの事、無理に忘れる事はないと思います 悲しい結果にはなってしまったけど、流産でも死産でも自分たちの子どもである事にはかわりはないから…」

このように、お腹の中で既に亡くなっていた赤ちゃん(男の子)を陣痛を経て産んだ経験を明かした。ドラマでも描かれていたように、主治医や家族による心のケアが大切だと述べ、「正直今もね、息子に喜んでもらいたいなぁと頑張っている部分もあるかな そう考えると、今でも色んな意味で息子に支えられていますね」と、息子により支えられている部分も多く、息子に感謝しているとつづっている。

不育症はまだまだ認知度が低いため、今回ドラマで扱ってくれたことは有難いことだとも述べていた。

『コウノドリ』の今回の放送に関しては、医師でタレントの友利新も9日のブログで言及。

「私自身も妊婦健診の時は、 急に大丈夫かな?と不安が襲うことがあり それが毎回毎回、襲ってくると考えると 胸が張り裂けそうな気持ちになります」
「確かに医学的に流産は珍しい物ではないけれど、それが自分自身に起こるとは、だれも考えていません。 統計じゃなく、患者さんの気持ちに寄り添わなくちゃ、という小松さん(ドラマに出てくる助産師)の言葉がずしりときました」

と、医師として、一女性としてドラマを見た感想をつづっている。

【関連記事】
「『コウノドリ』、不育症。」(間下このみオフィシャルブログ)
「コウノドリ」(友利新オフィシャルブログ)
おのののか 高3、フィジー留学時の水着ショット公開に「可愛い」「スタイル抜群すぎる」と称賛
産婦人科医・宋美玄氏 「コウノドリ」撮影現場へ、綾野剛ら俳優陣の会話に「本当に役が憑依」
大渕愛子、次男の誕生日会に安めぐみ・薬丸裕英ら集合「心温まる誕生日会でした」
アメーバニュース/ブログ発

ブログ発新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

ブログ発アクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ