はんにゃ・川島の妻、息子の指定難病の完治を報告「本当によかった」

提供:Ameba News/ブログ発

芸名を“川島ofレジェンド”に変更したお笑いコンビ・はんにゃ川島章良の妻・川島菜月さんが15日に自身のアメブロを更新。息子・吉平くんが患っていた指定難病の『特発性血小板減少性紫斑病(ITP)』が完治したことを報告した。

10月8日のブログで菜月さんは、吉平くんについて「無数のアザが急にできて…」と述べ、検査の結果、入院したことを報告。10日には、川島がブログで吉平くんの退院を報告し、翌11日には病名を「特発性血小板減少性紫斑病」と公表。「血小板が減少してしまい血がが止まらなくなってしまう病気」(原文ママ)「通常15万あるはずが3000~4000しかなかった」と説明していた。

この日、菜月さんは「今日は午前中からITPの再検査に行ってきたよ」と報告し、吉平くんについて「順調な回復を見せ今日の検査も楽々通過」と説明。「入院時4000しかなかった血小板が33万に増えてたよ」と順調に回復している様子を明かした。

一方で、吉平くんは「採血後はブチギレていた」といい、不機嫌のあまりおやつのパンを投げ飛ばしたことを明かすも「ひとまずこれで完治のよう」と説明。「再発はまれだから多分大丈夫」と補足し「本当によかったよかった」と安堵した様子でつづった。

これに対し読者からは「完治おめでとうございます」「本当に良かった」「親子でよく頑張りました」「再発せずに済むようずっと祈ってます」などのコメントが寄せられている。

関連記事

Ameba News

著者AmebaNews編集部

ブログ発 新着ニュース

合わせて読みたい記事

データが取得できませんでした。

編集部のおすすめ記事

データが取得できませんでした。

注目トピックス

エンタメ アクセスランキング

急上昇ランキング

Ameba News

注目の芸能人ブログ