中村江里子、フランス2度目のロックダウンについて言及「状況次第ではどうなるかわかりません」

※中村江里子オフィシャルブログより

中村江里子、フランス2度目のロックダウンについて言及「状況次第ではどうなるかわかりません」

11月1日(日) 10:05

フリーアナウンサーでフランス在住の中村江里子が31日に自身のアメブロを更新。フランスの2度目のロックダウンについて言及した。

この日、「金曜日からフランスはまたコンフィヌモンです。コンフィヌモンとはロックダウンのこと」と切り出し、「3月中旬からおよそ2ヶ月続いたロックダウンに比べると、学校は閉鎖されないですし、公共交通機関も問題なく使用できます」と述べる一方で、「状況次第ではどうなるかわかりません」とコメント。

また、「彼のオフィスのアジア人のスタッフがメトロの中で「お前たちのせいで・・・」と恫喝されました」とつづり、「精神的なショックが大きく・・。止むを得ず出社しなければならないアジア人スタッフはタクシーで往復してもらうことにしたと。勿論、会社が負担をします」と説明。「今のフランスの状況はフランス人が作り出したものなのに」と複雑な気持ちを明かした。

続けて、「春のロックダウンは本当にみんな頑張ったと思う」と述べるも、「でも・・・残念ながら、「どうして?」と思うことは多々あり・・・」とつづり、フランス人の友人に「あなたたちは勝手過ぎるし、自分の思うように、好きなように物事を解釈するし、一生続くわけではないのだからもうちょっと我慢ができないの?」と言ったことがあるそうで、「ちょっと言い過ぎかな?と思いましたが、言わずにはいられませんでした」とコメント。「ものすごく気をつけている方々も沢山いらっしゃるので。どこの国も人によって違うのですよね」と補足した。

最後に、「マルシェに行ってきました」と野菜などの写真を公開。子ども達と買い物をする姿も披露し、「どうぞ良い週末をお過ごし下さいね!!!」と述べ、ブログを締めくくった。

【関連記事】
「コンフィヌモン(ロックダウン)」(中村江里子オフィシャルブログ)
中村江里子、息子の“初ラーメン”を報告「次回は違うものを頼んでみよう」
中村江里子、ショックで2日間呆然「どうにもならない気持ちでいっぱいです」
中村江里子、26年愛用している手帳を紹介「20代の女性が買うには高価でした」
中村江里子、フランスの規制状況について明かす「誰と話しても話題の中心はウィルスのこと」
Ameba News/ブログ発

ブログ発 新着ニュース

合わせて読みたい記事

データが取得できませんでした。

編集部のおすすめ記事

データが取得できませんでした。
Ameba News

エンタメ アクセスランキング

急上昇ランキング

注目トピックス

Ameba News

注目の芸能人ブログ

Ameba News