Amebaニュース

堀ちえみ、新型肺炎の影響で家族の会話に変化「10代の子供がそんなことを考えるなんてね」

3月19日(木) 13:59

昨年の2月にステージ4の舌がん(左舌扁平上皮がん)、4月に食道がんの手術を受けたタレント・堀ちえみが18日に更新した自身のアメブロで、家族の時間が増えたことで会話の内容に変化が生まれたことをつづった。

この日、堀は新型コロナウイルス感染症の影響で「土日家族でずっと一緒に過ごす時間が、とても長い」と述べ「普段そこまで深くは話さないような、とても大切な内容のことも、夫婦間で、そして親子間でも出てきます」とコメント。

また、夫婦の間では「これから先の、老後の人生の歩みの計画」について、親子の間では「社会の仕組みや、将来についての話などが多く」なったといい、特に堀が、がんになってからは「いかによりよい人生を送るか」「一度の人生をいかに楽しく過ごすか」「悔いなき毎日を大切に生きる」などがテーマになっていると説明した。

最後に、「10代の子供がそんなことを考えるなんてね」「自分の10代の頃は、そんなことは微塵も思っていなくて」と振り返る一方で、「そんなに深く人生を考えられるということが、この先の彼らの何らかのプラスに、働いてくれればいいなと思いました」と願望をつづり、ブログを締めくくった。

この投稿に読者からは「若い歳から、人生を考えられる環境は、きっと精神的に成長出来ると思います」「健康、自然体が大切!」「生き方も人それぞれですよね」などのコメントが寄せられている。

【関連記事】
「「自然体」が人生のキーワード」(堀ちえみオフィシャルブログ)
堀ちえみ、『たけしの家庭の医学』出演を振り返り涙「時が解決してくれますよね!」
堀ちえみ、病気後に起きた変化について明かす「肌の調子や質がとても良くなりました」
堀ちえみ、夫からホワイトデーのプレゼント「鎧塚俊彦さんのサイン入り」
堀ちえみ、ボイストレーニングに励む日々「頭では理解できていても難しい」
アメーバニュース/ブログ発

ブログ発新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

ブログ発アクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ