葵わかな、朝ドラの撮影が終了し回顧「命かけてやってきた」

※葵わかなオフィシャルブログより

葵わかな、朝ドラの撮影が終了し回顧「命かけてやってきた」

3月8日(木) 13:53

女優の葵わかなが7日、自身のアメブロを更新。「藤岡てん」役でヒロインを務めるNHK朝の連続テレビ小説『わろてんか』のスピンオフ作品の撮影終了を報告し、胸の内をつづった。同作の本編は2月27日に撮影を終了しており、葵は涙の会見を行っていた。

この日のブログで葵は、「これで本当の本当に、てんちゃんを演じること、わろてんかの世界で生きることが最後でした」と報告。「寂しいって気持ちはやっぱりまだまだあって 今は正直、この大事な大事な作品と役と思い出を、手離すのが嫌です」と正直な気持ちを吐露。作品から離れる際にこのような気持ちになるのは初めてといい、「それだけ真剣に、全力に、命かけてやってきたって事ですね」と振り返った。

ドラマを通じて出会った人々について「出会えた事、一緒に仕事ができた事、その巡り合いに心から感謝です。神さまありがとう!」と感謝を述べ、「今月いっぱい、最後のヒロインの期間を大切に過ごせたらなぁと思います!」とコメント。「スピンオフはBS放送ですが、キャラクター達への愛が詰まったお話になってます」「もちろん、本編も最後までよろしくお願いします!」とアピールした。

続けて葵は、メイクルームや撮影用のセットに向かう廊下など、思い出の場所を写真で紹介。リハーサル室のホワイトボードには、多くの写真やコメントが寄せられており「色んなことあったなぁってしみじみ笑」「最初から最後までたくさん色んなものを頂きました」と振り返った。最後は「てんちゃん、大好きでした」と、てんの衣装でピースをする写真を公開し、「どんな時でも、愛と笑いを忘れずに」との言葉をつづった。

この投稿に「おてんちゃん、おつかれさまでした!」「素敵な貴重な経験だった事が伝わって来ました」「残りの放送楽しみにしてるよー」などのコメントのほか、「わろてんかは体の一部です」「クランクアップで終わりを感じるのはやっぱ寂しい…!」など、早くも“ロス”を感じさせる声も寄せられている。

【関連記事】
本当の本当にクランクアップ(葵わかなオフィシャルブログ)
葵わかな『わろてんか』女性キャラ集合ショット「おなごーズです」
『わろてんか』歌子役・枝元萌、スピンオフ作品の撮影開始を明かす
鈴木亮平、渡辺謙の“サプライズ”なアドリブに「本当に有り難いこと」
鈴木亮平、渡辺謙との相撲シーン振り返る「ザワザワと背筋が熱くなった」
Ameba News/ブログ発

ブログ発 新着ニュース

合わせて読みたい記事

データが取得できませんでした。

編集部のおすすめ記事

データが取得できませんでした。
Ameba News

エンタメ アクセスランキング

急上昇ランキング

注目トピックス

Ameba News

注目の芸能人ブログ

Ameba News