市川海老蔵、胸に刺さった娘の言葉「こころを見習わねば」

※市川海老蔵オフィシャルブログより

市川海老蔵、胸に刺さった娘の言葉「こころを見習わねば」

1月25日(木) 16:08

歌舞伎俳優の市川海老蔵が25日に自身のアメブロを更新。長女・麗禾ちゃんの胸に刺さる言葉を紹介した。

現在、海老蔵は新橋演舞場で『初春歌舞伎公演』の座長を務めており、麗禾ちゃんは夜の部の『日本むかし話』で幼少のかぐや姫を演じている。千穐楽となる26日は昼の部のみの公演となるため、麗禾ちゃんにとってはこの日が最後の舞台となる。

「麗禾とマッサージ中に今日最後だね、と話したら さみしい…という返事でした」と明かした海老蔵。「胸にささる。純粋なもののこころを見習わねば」とつづり、「私などはホッとしてしまう、ごめん。心構えがなっとらんね」と反省した様子をみせた。

この投稿に「舞台が心から楽しかったんですね」「毎日、毎日心を込めて頑張ってきた舞台だものね」など麗禾ちゃんの気持ちに寄り添うコメントのほか、「海老蔵さんの『ほっ!』と思うのも素直な気持ちだと思いますよ」「親の気持ちからすると当たり前です」など海老蔵への応援コメントも寄せられている。

【関連記事】
一通り(市川海老蔵オフィシャルブログ)
市川海老蔵、勸玄くんが舞台に出たがり「千穐楽でる?」
市川海老蔵、麗禾ちゃんと顔出し2ショット ファンから「麻央さんの面影が見えます」の声
市川海老蔵、手を握ってくる娘に感謝「すごく嬉しいよ」
市川海老蔵、娘の変化を感じ「やたら気になる」
Ameba News/ブログ発

関連キーワード

ブログ発 新着ニュース

合わせて読みたい記事

データが取得できませんでした。

編集部のおすすめ記事

データが取得できませんでした。
Ameba News

エンタメ アクセスランキング

急上昇ランキング

注目トピックス

Ameba News

注目の芸能人ブログ

Ameba News