小室哲哉 mihimaruGTに曲提供「最近の事件悲しすぎて」

8月30日(木) 12:11

 音楽プロデューサーの小室哲哉(53)が、30日のツイッターで、mihimaruGTに提供した『いつの日か君が太陽になった いつの日か君が月明かりなった』に込めた想いをつづっている。

 この曲は、2013年に10周年を迎えるmihimaruGTが8月29日に発売したhirokoのコラボレーションアルバム『ヒロコラボ♪~Featuring Collection~』のなかで、小室が新曲として作詞・作曲・編曲を手がけたもの。

 小室は、「いつの日か君が太陽になった いつの日か君が月明かりなった 詳細を書くと、皆さんそれぞれの想いが特定されてしまうので深く言及しませんが、 皆さんも経験のある最近の中学時代におきた事件が悲しすぎて、10年後に移行させて書いた歌詞です」とつづる。「僕の中での真摯なJPOP」という小室。「会いたい人に会えない想い、hirokoさんは 何を、誰を想って歌ったのかな」とコメントしている。


【関連記事】
小室哲哉 ツイッター
小室哲哉 秋元康に楽曲提供したい意思を表明
小室哲哉 渡辺美里への楽曲提供についての秘話を明かす
小室とつんく♂ Twitterで「そろそろ出番かな」と交流
Ameba News/ブログ発

ブログ発新着ニュース

AmebaNews特集

編集部のイチオシ記事

おすすめの記事

ブログ発アクセスランキング

注目トピックス

エンタメ アクセスランキング

急上昇ランキング

注目の芸能人ブログ