日刊アメーバニュース

小川のカルキを抜く…「やっぱり大河の美術すごい!」と鈴木亮平

2017年08月13日 12時35分
提供:アメーバニュース/ブログ発

俳優の鈴木亮平が、2018年1月から放送開始予定のNHK大河ドラマ『西郷どん』の、撮影セットのすごさを自身のブログでつづった。ドラマの舞台である薩摩を再現しているという美術セットは、特に細部へのこだわりがすごいのだという。例えば、セットに用いられている小川の水は全てカルキ抜きがされており、当時の鹿児島(薩摩)にいた種の魚が放されているようだ。鈴木は、

「葉っぱを揺らすそよ風も、地面に落ちる木々の影も、窓から差し込む朝の光も、全て計算されていて、偶然できたものは何一つないんですよ。
そう思って改めて観てみると、本当に映像って面白いなぁと、つくづくチームプレイだなぁと思います」

と、細部までこだわり抜いたセットを作り上げる美術スタッフの技術力に感心した様子。最近は、人工的に放した生物以外も外から侵入してきて、セット内で共存しているのが面白いともつづっている。読者からは、「視聴する際はセットの細部までしっかり観察したいと思います!」「こういうことに目を向けられるのも素敵だなと思いますし、スタッフさんも嬉しいだろうなと思います。」などの声が寄せられている。

ドラマ『西郷どん』で、鈴木は熱血漢の西郷隆盛役を演じ、隆盛の盟友でありライバルでもある大久保一蔵(利通)役を瑛太が演じる。そのほかにも、西郷の3人目の妻役を演じる黒木華や父を演じる風間杜夫、娘を演じる桜庭ななみなど豪華俳優陣が出演する本作では、貧しい者に手を差し伸べ、倒幕を画策して明治維新の流れを作った西郷隆盛の波乱万丈な生き様が描かれる予定だ。

【関連記事】
・「大河ドラマのセットって」(鈴木亮平オフィシャルブログ)
・安藤なつ、ドラマ共演の新川優愛と仲良しメガネ2ショット
・『渡る世間は鬼ばかり』9月スペシャル、藤田朋子が「みーんな元気です」
・おのののか 「僕やり」での京都弁キャバ嬢姿が「可愛すぎ」と反響
・福士蒼汰、初舞台で名作『髑髏城の七人』に出演「生きてきた経験を出せれば」

ブログ発アクセスランキング

  1. 1遠山景織子が息子の絵を披露「画家になれそう!」と好評写真 8月19日20時31分
  2. 2アンガ田中 ビキニスタイルの川村エミコと悩殺水着2ショット公開写真 8月18日15時30分
  3. 3片岡鶴太郎 熟年離婚を報告「別々の道を歩む事が最良の選択」写真 8月19日20時31分
  4. 4狩野英孝 高校時代の金髪写真公開「調子のってんな。コイツ。。」 8月19日20時31分
  5. 5たんぽぽ川村エミコ 失恋がきっかけで始めた新たな趣味とは?写真 8月19日20時31分

ランキング

記事配信のポリシーについて

TOPへ戻る