小松政夫

こまつ・まさお役者・俳優・声優・吹き替え・ナレーター・タレント・コメディアン

1942年1月10日生まれ、福岡県福岡市出身のコメディアン/タレント/俳優。植木等の付き人を経て、バラエティ番組『シャボン玉ホリデー』でデビュー。60年代はクレージーキャッツとの共演、70年代は『見ごろ!食べごろ!笑いごろ!』『笑って笑って60分』などでの伊東四朗との掛け合いコント、「電線音頭」「しらけ鳥音頭」などのヒット曲、80年代はタモリや団しん也、イッセー尾形らとのサブカルチャー的な洒落た笑いで茶の間を賑わせる。90年代以降は俳優として数多くのドラマや映画に出演。2011年には日本喜劇人協会の会長に選出。2016年10月、芸能生活50周年記念シングル「親父の名字で生きてます」をリリース。

出身地
福岡県福岡市瓦町(現・博多区上川端町)
誕生日
1942年1月10日
星座
やぎ座
血液型
A

注目トピックス

編集部のイチオシ記事

新着ニュース

Ameba News

注目の芸能人ブログ