ソウルフライ

そうるふらいバンド

1996年末にブラジルの英雄的デス・メタル・バンド、セパルトゥラを脱退したマックス・カバレラ(vo)が、98年から始めたソロ・プロジェクト。セパルトゥラ在籍時の最後のアルバム『ルーツ』で試したブラジリアン・パーカッションのポリリズムをさらに発展させ、そこにヒップホップのスクラッチを融合させた唯一無二のミクスチャー・サウンドを展開。98年のデビュー作『ソウルフライ』は世界的に絶賛された。

出身地
アメリカ

注目トピックス

編集部のイチオシ記事

新着ニュース

注目の芸能人ブログ