【今夜、最終回】「東京タワー」永瀬廉×板谷由夏、松田元太×MEGUMI、禁断の大恋愛がついに完結

4人の男女が出す答えは?

【今夜、最終回】「東京タワー」永瀬廉×板谷由夏、松田元太×MEGUMI、禁断の大恋愛がついに完結

6月15日(土) 6:00

提供:
永瀬廉(King & Prince)が主演を務めるテレビ朝日系の連続ドラマ「東京タワー」の最終話が、本日6月15日午後11時から1時間スペシャルで放送される。

【フォトギャラリー】透は「一緒に暮らそう」と詩史に告げるが……<場面写真4点>

本作は、江國香織の恋愛小説を日本で初めて連続ドラマ化。永瀬が演じる21歳の青年・小島透と、20歳以上年の離れた人妻・浅野詩史(板谷由夏)、そして同じく21歳の大原耕二(松田元太)と主婦の川野喜美子(MEGUMI)の“許されない愛”を描き、その儚くも甘美な世界観は毎話大きな反響を呼んだ。

最終回を目前に、夜の麻布台ヒルズで思いを告げ合い、キスを交わした透と詩史。東京タワーをバックにした美しい情景と、あらためて告げられた透の純粋で真っすぐな思いに、「本当に一途な透くん。真っすぐすぎる」「とても美しい告白の言葉でした」「この言葉、名言すぎて使いたい」とSNSは大盛り上がり。

しかし、幸せ絶頂の透たちの裏で、詩史の夫・浅野英雄(甲本雅裕)が密かに動き出し、透の母・陽子(YOU)に不倫の事実を告げるという暴挙に出る。この展開には「旦那、怖すぎる」「直接詩史さんに言えばいいのに、なぜ母親に」「そういうことする小さい男だから詩史さんは他の人に目が行ったのでは」など、辛辣な意見も飛び出した。そして、ほんの遊び心から始まったはずの耕二と喜美子の関係にも、大きな変化が起きた。

第8話の放送後には、「もう来週で終わりなんて!」「あと1話なんて信じられない、信じたくない」と早くも“「東京タワー」ロス”の声があがり、SNSではタイトル「東京タワー」のほか、関連ワードがトレンドを席巻。TVerでも全話でランキング1位を獲得し、見逃し配信総再生数は2000万回突破目前(ビデオリサーチにて算出/4月21日~6月13日)となっている。

最終回では、詩史との関係が母・陽子の知るところとなり、透は荷物をまとめて家を出る。暫くの間、耕二のアパートに身を寄せながら、「一緒に暮らそう」と約束した詩史との生活のために医学部を中退し、就職しようと思っていると話す。そんな透の勢いに、耕二は驚きながらも理解を示す。一方の耕二も、ようやく会えた喜美子に思いの丈をぶつけ、涙のキス。耕二の思いを知った喜美子は、揺れ動く心を隠すことができず……。2組の男女が描き出してきた美しくも危うい恋模様の結末に期待が高まる。

【最終話あらすじ】

「もう詩史さんのいない人生なんて考えられない」「一緒に暮らそう」。透(永瀬)は詩史(板谷)にそう告げると、もう二度と離れたくない焦りから「必ず実現するから待ってて」と懇願する。その頃、詩史の夫の浅野英雄(甲本)は透の母・陽子(YOU)のもとを訪れ、透と詩史の関係を暴いていた。

衝撃の事実を確信した陽子は帰宅した透を問いただすが、逆上した透から「散々好き勝手に生きてきた人に言われたくない」と言い返されてしまう。一方、決死の思いで喜美子(MEGUMI)の居場所を突き止めた耕二(松田)は、困惑する喜美子を前に「俺は喜美子さんが好きだ」と告白し、キスを迫る。

荷物をまとめ、家を出た透は、「しばらく泊めてほしい」と耕二のアパートへ。詩史との生活のために医学部を中退し、就職しようと勢いづく透に耕二は驚く。しかし“好きな人と一緒にいたい”という思いは同じで、人生の岐路に立たされていることを実感する。やがて、大切な人を奪われたことに苛立ちと苦悩を見せる陽子と浅野は、ある驚くべき行動に出る。

【関連記事】
【今夜第8話放送】「東京タワー」透と耕二が告白を決意6月15日は最終回1時間SPを放送
「東京タワー」永瀬廉、板谷由夏、松田元太、MEGUMIがクランクアップ!永瀬「最後の最後まで刺激的でした」
【今夜第7話放送】「東京タワー」永瀬廉&板谷由夏が軽井沢の湖畔でキス松田元太は“壮絶修羅場”に突入
「東京タワー」見逃し配信・総再生回数1000万回突破!永瀬廉&松田元太も嬉しさ爆発「引き続きじゃんじゃん観て!」

(C)テレビ朝日
映画.com

エンタメ 新着ニュース

合わせて読みたい記事

編集部のおすすめ記事

エンタメ アクセスランキング

急上昇ランキング

注目トピックス

Ameba News

注目の芸能人ブログ