公開20周年『下妻物語』初のデジタル上映決定!渋谷ホワイトシネクイントで

映画『下妻物語』ポスター (C)2004『下妻物語』製作委員会

公開20周年『下妻物語』初のデジタル上映決定!渋谷ホワイトシネクイントで

6月6日(木) 12:00

乙女のバイブルとしてその名を馳せる、嶽本野ばらの同名小説を映画化した『下妻物語』が、公開から約20年の時を経て初めてデジタル化され、7月19日から東京・渋谷にあるWHITE CINE QUINTO(ホワイトシネクイント)でリバイバル上映されることが決まった。

【動画】20年経っても色褪せない!深田恭子×土屋アンナ『下妻物語』予告編

本作は、茨城県下妻市を舞台に、深田恭子演じる“ひらひらロリータ”竜ヶ崎桃子と、土屋アンナ演じる“ヤンキー”白百合イチゴという、全く正反対の価値観を持つ2人の少女の不思議な友情を描き、2000年代青春映画の金字塔として、今なお根強い人気を誇る作品。

見渡す限りの田んぼが広がる茨城県下妻市。ロココ時代のフランスに憧れる17歳の超マイペースな少女・桃子は、大好きなロリータファッションに身を包み、崇拝するブランドの本店がある代官山まで通い続けている。そんなある日、洋服代を稼ぐため有名ブランドの偽物を売り始めた彼女の前に、地元の暴走族に所属する同年代の少女イチゴが現れる。根性の座った桃子を気に入ったイチゴは、それ以来、頻繁に彼女の家を訪れるようになるというストーリーだ。

そんな本作が今年公開20周年を迎えたことを記念し、初のデジタルシネマパッケージ化作業が実現。これまでフィルムでしか上映されていなかったが、DCP素材でのスクリーン投影は今回が史上初となる。

2004年の公開当時、旧渋谷パルコのシネクイントで上映していた本作が、20年の時を経て、ホワイトシネクイントのスクリーンで再び蘇る。

映画『下妻物語』は7月19日からWHITE CINE QUINTO(ホワイトシネクイント)でリバイバル上映。

■関連記事
【写真】土屋アンナ、脇腹タトゥーもちらり・真っ赤なアラビア風バレエ衣装姿を披露
【写真】深田恭子、タイトなミニワンピース姿で登場
深田恭子「主演連ドラ」人気ランキングTOP5
土屋アンナ、18歳イケメン長男の成長を喜び2ショット「一緒にお仕事できて嬉しい」
土屋アンナ、引き締まった美背中あらわな全身ショットに反響「かっこええ」「足長い」
クランクイン!

エンタメ 新着ニュース

合わせて読みたい記事

編集部のおすすめ記事

エンタメ アクセスランキング

急上昇ランキング

注目トピックス

Ameba News

注目の芸能人ブログ