監督・城定秀夫×脚本・向井康介、染井為人のノワール・サスペンス『悪い夏』映画化&25年公開決定

原作:染井為人「悪い夏」(KADOKAWA/角川文庫刊)書影

監督・城定秀夫×脚本・向井康介、染井為人のノワール・サスペンス『悪い夏』映画化&25年公開決定

6月6日(木) 18:00

染井為人のデビュー作にして第37回横溝正史ミステリ大賞優秀賞を受賞し、累計18万部以上を売り上げたノワール・サスペンス『悪い夏』が映画化、2025年に公開されることが決定した。城定秀夫監督がメガホンをとり、向井康介が脚本を務める。

【写真】染井為人原作、亀梨和也主演『連続ドラマW 正体』ポスター

超気弱なせいでトラブルに巻き込まれていく地方公務員、娘の愛し方がわからずネグレクト寸前のシングルマザー、彼らを犯罪に巻き込んでいくヤクザと売人たちなどなど、どうしようもない登場人物たちに呆れながらも、何故かページをめくる手が止まらない!と大きな話題を読んだ染井為人の同名小説が映画化。

監督は『ビリーバーズ』『女子高生に殺されたい』など次々と癖のある原作を映画に仕立ててきた“映画の職人”城定秀夫。2023年の東京国際映画祭で監督特集上映が組まれるなど名実ともに現代日本映画の旗手となった彼が『ある男』で日本アカデミー賞最優秀脚本賞を受賞した脚本家・向井康介とタッグを組んで新境地に挑む。

城定監督は「原作小説を読んで即座に『やりたい!』と思い、ワクワクしました。うだるような暑さの中、右往左往する登場人物たちの駄目さやどうしようもなさは人間の愛おしさでもあると感じます。極上社会派エンタメであるこの素晴らしき原作に出会えたうえに、いつか一緒に仕事をしたいとずっと思っていた向井康介氏に脚本を書いてもらったわけですから、これはもう、撮影前から面白い映画になるに決まっていますし、つまらなかったら全部ぼくの責任です。死ぬ気でがんばります!」とコメント。

脚本の向井は「城定監督とはこの企画でご一緒するまで、一度もお会いしたことはありませんでしたが、あのやりがい搾取だけで成立していたゼロ年代のインディーズ邦画界を辛くも生き残り、生成AIに脅かされつつある令和の産業革命前夜に至る今日まで、ひたすら映画と並走してきた同志だと勝手に信じ、その背中を見つめてきました。そんな監督とこうして向き合って仕事ができることに、望外の幸せと縁を感じています」と語る。

そして「『悪い夏』は生活保護の不正受給を巡って様々な欲望や愛情が交差するサスペンス。日本の社会構造を皮肉に分析する染井さんの原作の中に初期の今村昌平作品に通じるものがあることを発見し、映画化の糸口としました。城定秀夫meetsイマヘイが今回の僕の裏テーマです。みなさま、令和の重喜劇をどうぞご期待ください!」と言葉を寄せた。

原作の染井は「何者でもなかったわたしを作家にさせてくれたのが『悪い夏』です。人生を変えてくれた、と言っても過言ではない、とても思い入れのある作品です。とはいえ、映画はあくまで監督を始めとした製作チームのもの。わたしはイチ映画ファンとして、『悪い夏』がスクリーンに描かれるその日を、静かに待ちたいと思います。きっと、胸を熱くさせてくれることでしょう」と期待を寄せている。

映画『悪い夏』は、2025年全国公開。

■関連記事
【インタビュー】『女子高生に殺されたい』原作・古屋兎丸×城定秀夫監督対談「面白ければ改変OK」「田中圭さんがハマり役」
【写真】向井康介、映画『もらとりあむタマ子』プレミア上映会に登壇
手塚治虫『ブラック・ジャック』を24年ぶりにドラマ化!主演・高橋一生×監督・城定秀夫×脚本・森下佳子
人間の欲望をあぶり出した山本直樹の漫画『ビリーバーズ』、城定秀夫監督が映画化
【週末なに見る?】今週公開の最新映画情報
クランクイン!

エンタメ 新着ニュース

合わせて読みたい記事

編集部のおすすめ記事

エンタメ アクセスランキング

急上昇ランキング

注目トピックス

Ameba News

注目の芸能人ブログ