公開20周年記念!ロリータ&ヤンキーの友情描く「下妻物語」初のデジタル版でリバイバル上映決定

深田恭子と土屋アンナが共演

公開20周年記念!ロリータ&ヤンキーの友情描く「下妻物語」初のデジタル版でリバイバル上映決定

6月6日(木) 12:00

提供:
嶽本野ばら氏の同名小説を映画化した「下妻物語」(2004)が、渋谷・ホワイトシネクイントで7月19日から、初のデジタル版でリバイバル上映される。

【フォトギャラリー】懐かしい!「下妻物語」場面写真

「下妻物語」は茨城県下妻市を舞台に、深田恭子演じる“ひらひらロリータ”竜ヶ崎桃子と、土屋アンナ演じる“ヤンキー”白百合イチゴという、全く正反対の価値観を持つ2人の少女の不思議な友情を描き、2000年代青春映画の金字塔として、今なお根強い人気を誇る。監督・脚本は中島哲也、共演は宮迫博之、篠原涼子、阿部サダヲら。

見渡す限りの田んぼが広がる茨城県下妻市。ロココ時代のフランスに憧れる17歳の超マイペースな少女・桃子は、大好きなロリータファッションに身を包み、崇拝するブランドの本店がある代官山まで通い続けている。そんなある日、洋服代を稼ぐため有名ブランドの偽物を売り始めた彼女の前に、地元の暴走族に所属する同年代の少女・イチゴが現れる。根性の座った桃子を気に入ったイチゴは、それ以来、頻繁に彼女の家を訪れるようになる。

今年、本作が公開20周年を迎えたことを記念して、初のデジタルシネマパッケージ化作業を実施。本作は、これまでフィルム上映のみ実施されていたが、初のDCP素材でのスクリーン投影という記念すべき機会となる。また、2004年の公開当時は、旧渋谷パルコのシネクイントで上映され、このほど20年の時を経て、渋谷パルコ8Fのホワイトシネクイントのスクリーンで再び蘇る。上映スケジュールなどの詳細は確定次第、劇場HP(https://www.cinequinto.com/white/)で告知される。

【作品情報】
下妻物語

【関連記事】
【動画】「下妻物語」予告編
【2004年の記事】異色の青春コメディ「下妻物語」が完成
【2003年の記事】ロリータ少女とヤンキー娘の友情を描く。「下妻物語」製作発表

(C)2004「下妻物語」製作委員会
映画.com

エンタメ 新着ニュース

合わせて読みたい記事

編集部のおすすめ記事

エンタメ アクセスランキング

急上昇ランキング

注目トピックス

Ameba News

注目の芸能人ブログ