『量産型リコ』最終章、乃木坂46・与田祐希演じる主人公の家族役で市川由衣、浅香唯ら出演決定!

ドラマ『量産型リコ ‐最後のプラモ女子の人生組み立て記‐』に出演する(上段左から)市川由衣、佐月絵美、矢柴俊博、浅香唯、森下能幸、(下段左から)石田悠佳、田中要次 (C)「量産型リコ」製作委員会2024

『量産型リコ』最終章、乃木坂46・与田祐希演じる主人公の家族役で市川由衣、浅香唯ら出演決定!

5月26日(日) 12:00

6月27日スタートする乃木坂46・与田祐希主演ドラマ『量産型リコ -最後のプラモ女子の人生組み立て記-』(テレビ東京系/毎週木曜24時30分)の追加キャストとして、市川由衣、浅香唯、佐月絵美、矢柴俊博、森下能幸、さらに石田悠佳(LINKL PLANET)と田中要次の続投も発表された。

【写真】「量産型リコ」シリーズ3作目のテーマは“家族”乃木坂46・与田祐希演じる主人公・小向璃子

シリーズ3作目にして最終章となる本作は、“家族”をテーマに、実家に帰ってきたリコとその家族のひと夏を描いたホビー・ヒューマンドラマ。

本作で描く小向璃子(与田)は、東京で派遣の仕事をしている25歳で、しっかり者の長女・侑美(市川)と少々わがままで甘え上手な三女・香絵(佐月)に挟まれ、実に平均的に育った小向家の次女。祖父・仁(森下)の死をきっかけに三姉妹が集まり、4年ぶりに家族全員がそろった小向家。祖父の遺品を整理していると作りかけのプラモデルを発見したリコは、生前に祖父が通っていた「矢島模型店」で出会ったやっさん(田中)に導かれ、初めてプラモデルを作ってみることに…。

プラモデルを通して祖父のこと、家族のことを少しだけ知れた気がしたリコは、祖父の心残りを終わらせるまで夏の間実家に残ることに。よく知った家族の顔、でも実はちゃんと知らなかった家族の心。そんな家族をもっと知っていく、リコのひと夏の物語。

小向家のしっかり者の長女・侑美役に市川、三姉妹いちの自由人な三女・香絵役に佐月、父・浩一郎役に矢柴、母・由里香役に浅香、祖父・仁役に森下、そして、3シリーズを通して共通の存在であるプラモデル屋「矢島模型店」のアルバイト・アオ役に石田、店主“やっさん”こと矢島一役に田中が決定。

市川は「今作では与田さん演じるリコの姉になれること、本当に嬉しいです!」、「どこか懐かしく愛しい、リコワールドの真骨頂になっています。大好きな共演者、スタッフの皆様と、のどかな場所で絶賛撮影中!楽しみに待っていてください!」とコメント。

浅香は「似たような年頃の娘を持つ母として、彼女たちの仕草や言葉にいちいち感動している私なのです(笑)家族っていいもんだな~と演じながらあらためて家族の絆の素敵さに気づかされました。ひと夏の家族の物語にキュンキュンしてくださいね!」とメッセージを寄せている。

木ドラ24『量産型リコ ‐最後のプラモ女子の人生組み立て記‐』は、テレビ東京系にて6月27日より毎週木曜24時30分、BSテレ東 BSテレ東4Kにて7月2日より毎週火曜24時放送。

※コメント全文は以下の通り

<コメント全文>


■市川由衣(小向侑美役)

前作のクランクアップ時、主演の与田さんと話しながら泣けてきてしまったことをきのうの事のように覚えています。マイペースで低温にみえますが努力家で頑張り屋さんの与田さんに対していつしか母のような気持ちを持つようになっていました。今作では与田さん演じるリコの姉になれること、本当に嬉しいです!4年ぶりに実家に家族が集まって過ごすひと夏のお話。どこか懐かしく愛しい、リコワールドの真骨頂になっています。大好きな共演者、スタッフの皆様と、のどかな場所で絶賛撮影中!楽しみに待っていてください!


■浅香唯(小向由里香役)

このたび三姉妹のお母さんを演じさせていただきます!!キラキラと輝く可愛い可愛い3人娘に囲まれてとても幸せな毎日を送っています。似たような年頃の娘を持つ母として、彼女たちの仕草や言葉にいちいち感動している私なのです(笑)家族っていいもんだな~と演じながらあらためて家族の絆の素敵さに気づかされました。ひと夏の家族の物語にキュンキュンしてくださいね!


■佐月絵美(小向香絵役)

はじめまして。今回、シリーズ3作目で初出演させていただきます。佐月絵美です!オーディションで香絵と出会い、出演させていただけると知った時は、とても嬉しかったです。リコチームの新たな一員として、楽しく撮影に参加させていただいています。家族のほのぼのとした空間、やっさんたちと作り上げるプラモデル、ぜんぶが愛くるしい作品です。是非ご覧ください!


■矢柴俊博(小向浩一郎役)

再び参加出来て光栄です。こんなに愛される作品を生み出した全スタッフ俳優陣と、支持して頂いた視聴者の方々に感謝します。大きな事件や衝撃の展開はありませんが(たぶん)、それぞれの時間を進み始めていた僕ら家族が、それぞれの秘密や胸の内を発見しにプチ探検に出かけます。リコと僕らが、実家の畳に寝転がり、食卓で醤油をかけ、仏壇に線香をあげる。シリーズ3作目は、そんな“営みのエンターテインメント”です!

<コメント続き>


■森下能幸(小向仁役)

今作も参加させて頂く事の喜び、3作目まで続けて下さった制作陣の志、この「量産型リコ」を観てくださっていた視聴者の皆様、ありがとうございます!感謝!前作、前々作同様、今作も「量産型リコ」らしい物語、各話のエピソード、そして「プラモデル」への熱量に満ち溢れていますね!私、前作では「アシスト王」を目指しておりましたが、今作では「存」「在」「感」を心がけたいと思います。時に寄り添い、時に見守り、時に背中を押してくれる。皆様にとって「量産型リコ」が、そんな作品になればと願ってます。「プラモデル」と共に。友に。


■LINKL PLANET・石田悠佳(アオ役)

私はシリーズ1作目を観て、現在所属しているLINKL PLANETの存在を知ることが出来たので、2作目にアオ役として出演出来たことが堪らなく嬉しかったのに、まさかまさか3作目でもアオに出会うことが出来て大感動しております!私にとっては夏休み=量産型リコという関係ももう3年目。ついに最終章と寂しくなりますが、大好きなリコチームの方々と一緒に最高の夏をお届けします!今年もよろしくお願いいたします!


■田中要次(矢島一役)

サブタイトルにとうとう「最後」と付いてしまった事に少し寂しさを感じながら、自然豊かな郊外が舞台となる3作目は今までとは全く違う景色が見られると期待してます。「家族」というテーマも加わる事で演者の和も更に深まりそうですね。そして、今までよりも現場は遠くなりましたが、お店も作業場もひとまわり大きくなりました。その分、映像だけでなく、芝居にも奥行きを出せたら良いなと思っております(笑)。

物語は毎度リセットされているのに、クルーの気ごころはリセットされてないのが、安心でもあり、心配なところでもあります。気を引き締めて挑みたいと思っています。今作は、田舎の風情が感じられそうな、夏休みの夜に相応しいドラマになると思います。今回が見納めのリコになるかもしれませんが、多くの方々に見届けて頂く事によって、次なるステージに繋がれたらと思っております。「ギブバースの人」と呼ばれるようになるまで、矢島は諦めませんよっ!よろしくお願いします。

■関連記事
【写真】乃木坂46・与田祐希、“人生初の姿”に反響
【写真】乃木坂46・与田祐希&筒井あやめ、ツインテール姿に反響「可愛すぎる」
【動画】乃木坂46・与田祐希、バナナマン日村と“一触即発”の名場面(動画開始20分頃)
乃木坂46・与田祐希、アルバイトで“人を救った経験”を告白「頭をサッと」
【2024年夏ドラマ】7月スタート 新ドラマ一覧&最新ニュースまとめ
クランクイン!

エンタメ 新着ニュース

合わせて読みたい記事

編集部のおすすめ記事

エンタメ アクセスランキング

急上昇ランキング

注目トピックス

Ameba News

注目の芸能人ブログ