AKB48 17期生 正鋳真優(まさい・まゆう)「水着グラビアは私が一番見つけてもらえる場所なので、大切にしています」【連載 なんで令和にAKB48?】

AKB48 17期生の正鋳真優

AKB48 17期生 正鋳真優(まさい・まゆう)「水着グラビアは私が一番見つけてもらえる場所なので、大切にしています」【連載 なんで令和にAKB48?】

5月6日(月) 12:00

提供:
正鋳真優

2005年(平成17年)12月8日に秋葉原で産声を上げたAKB48。前田敦子、高橋みなみ、小嶋陽菜、篠田麻里子、大島優子、指原莉乃ら数々のスターを生み出し、誰もが知る国民的アイドルグループとなった。

あれから十数年、元号は令和に変わり、また新たなスター候補生が続々と加入している。当時とは異なる状況で、彼女たちは何を思いAKB48になろうとしたのか?どこを目指すのか?フレッシュメンバーの魅力を深掘りインタビューでお届けです!

第4回は先日行われた「AKB48春コンサート2024 inぴあアリーナMM」で正規メンバーに昇格した17期生・正鋳真優(まさい・まゆう)。7月17日に発売される64thシングルで選抜メンバーに初抜擢。前編ではグループ加入前の11年続けた新体操やオーディションの話をしてもらいましたが、後編は昇格の話、これからの夢などを聞かせてもらいました。

■昇格して、ファンの方を安心させられたって気持ちでほっとしました。――一緒に加入した17期生と初めて会った時の思い出を聞かせてください。

正鋳やっぱりAKB48なので可愛いコがいるなと。この中でやっていくのかって、ちょっと心細い気持ちになったり、大丈夫かなって不安がありました。最初はあまりみんなでお話しする機会もなくて。でも今いるメンバーだと、太田有紀ちゃんとすぐ仲良くなりました。

――生活が一気に変わってどうでしたか?

正鋳高校3年生になったばかりで、家から自転車で片道40分かけて学校に通っていたので、そこからさらに秋葉原へ行ってレッスンするっていうのが大変で。

振り付けは覚えられないし、家に帰ってくるのは遅いし、あと満員電車に乗ったことがなかったので、つらくて。でも次の日はまた朝から学校に行かなきゃいけなくて、すごく大変でした。初期は学校とAKB48の往復ぐらいしか記憶にないですね。

――AKB48劇場での初お披露目はどうだったんですか?

正鋳楽しくて、緊張もあまりなかったです。コロナ禍で、目の前にお客さんがいなくて、あまり実感がわかなかったのかもあるかもしれないですけど。先輩方とステージでおしゃべりして、少しだけAKB48になったことを実感したというか。

――緊張しなかったんですね。

正鋳リアルタイムでお客さんの反応を見れるわけでもなかったので。自分がどう思われているんだろうとか、終わってからすごいエゴサしました。初めてのエゴサですね(笑)。

――なんて書いてありましたか?

正鋳覚えていないです。でも、名前が読みづらいとかありましたね(笑)。

正鋳真優

――確かに!日本で40何人しかいない名前なんでしたっけ?そしてデビューしておよそ2年、3月17日についに研究生から正規メンバーに昇格しました!


正鋳自分がというより、ファンの方がすごい昇格を待ち望んでいたので。ファンの方を安心させられたって気持ちでほっとしました。

――ひとりずつ昇格メンバーの名前が呼び上げられていました。

正鋳17期生10人みんなで昇格したいって思いが強かったので、最後、ここちゃん(小濱心音)が呼ばれて、そこですごいホッとしました。

――名前順とかじゃなくて、選抜に入っているメンバーから先に呼ばれてましたよね。

正鋳あれ、研究生楽曲の序列の順番ですよね。だから、ちょっと嫌でした(苦笑)。

――ですよね。そして最近大変だなって思うことはありますか?

正鋳やっぱり"研究生"って肩書きがなくなったのが、すごい不安要素で。水着グラビアでも"研究生初"って押し出してもらっていたのがなくなって。そこが大変になるのかなって。

――実力で勝ち取って行かなきゃですもんね。楽しいことはなんですか。

正鋳劇場公演が大好きなんですけど、最近はいっぱい出させていただけて。去年は年間出演回数が50何回で、全体で10位ぐらいだったんですよ。今年は4月までで30回近く出ていて、すごく嬉しいです。



正鋳真優

――正鋳さんは、17期、18期、19期の中で唯一水着グラビアをやっていますが。


正鋳お話をもらった時点で、自分の中でやらないって選択肢はなかったです。もちろん最初は緊張しましたけど、ファンの方はすごい楽しみにしてくださって、毎回雑誌を買ってくださるし。色んな場所へ行けたり、自分の表情やメイクとか、ファッションを研究できるのが楽しいし。何より私が今一番見つけてもらえる場所なので、すごく大切にしています。

――今のAKB48をどう見ていますか?

正鋳メンバーや衣装を含めて、だいぶふわふわっとした可愛らしいグループになってるかなと。そしてパフォーマンス面がすごい上がってきているかなと。みんな個性豊かで楽しいのでぜひ見ていただきたいです。

――今のAKB48に貢献できるところって何がありますか?

正鋳やっぱりグラビアをやらせていただいてるので、こんなコがAKB48にいるんだっていうのを知ってもらえたらいいなっていうのと、あとはやっぱりAKB48の原点でもある劇場を支えられたらいいなって思っています。

――今、目標にしていることは?

正鋳絶対に写真集を出したいです。できることなら海外に行きたい。イタリアとエジプトに興味があって、イタリアは「ローマの休日」が好きだったり憧れのある国で、エジプトは街並みが本当にきれいで、砂漠とかも見てみたいなって。

――エジプトで写真集はほとんど聞かないですね。

正鋳あとはしゃべるのが好きなので、ラジオにたくさん出てみたいです。それと海外でライブをしてみたい。いろんな人に知ってもらえるし、自分たちにとっても大きな経験になると思うんです。最初は定番のアジアから、アメリカへ行って、ヨーロッパ、アフリカでもやってみたい!

――世界ツアーですね!そして最後に正鋳さんにとってAKB48って何ですか?

正鋳居場所です。今の自分が一番頑張りたい場所。失敗してもそこで頑張ろうって思えるし、心地いいです。自分のやりたいことができて、色んな挑戦をさせてもらっている。グループだけじゃなくて、個人でもやらせてもらって、そこで新たなつながりができるのを感じたりして、改めていいなって思います。

正鋳真優

【連載「なんで令和にAKB48?」は毎週月曜日更新5月13日は19期研究生の花田藍衣が登場!】

●AKB48

2005年(平成17年)12月8日、秋葉原のAKB48劇場で1期生お披露目。

2022年(令和4年)5月4日に17期生、2023年4月9日に18期生、2024年3月17日に19期生がデビュー!

◯AKB48 64thシングルが7月11日発売予定!『AKB48、最近聞いた!~一緒にKYOUSOUしませんか?~』(テレビ東京系、毎週火曜25:30~)に出演中!最新情報は公式ホームページをチェック!

●正鋳真優(まさい・まゆう)

2005年3月1日生まれ埼玉県出身

身長154㎝血液型=B型

nickname=まゆうちゃん

公式X【@mayuu_masai0301】

公式Instagram【@ma3_1mayuu】

取材・文/関根弘康撮影/篠田直人

【関連記事】
【画像】正鋳真優のグラビア
【動画】連載「なんで令和にAKB48?」正鋳真優(まさい・まゆう)ティザームービー公開中!
AKB48 19期研究生伊藤百花「AKB48は私にとって希望や勇気、心のよりどころです」【新連載 なんで令和にAKB48?】
AKB48 18期研究生八木愛月「両親がAKB48ファンで、大島優子さんを母と推していました」【新連載 なんで令和にAKB48?】
【動画】連載「なんで令和にAKB48?」花田藍衣ティザームービー公開中!
週プレNEWS

生活 新着ニュース

合わせて読みたい記事

編集部のおすすめ記事

エンタメ アクセスランキング

急上昇ランキング

注目トピックス

Ameba News

注目の芸能人ブログ