『光る君へ』“定子”高畑充希&“一条天皇”柊木陽太、可愛すぎるかくれんぼにネット悶絶「尊すぎる夫婦」

大河ドラマ『光る君へ』第13回「進むべき道」より (C)NHK

『光る君へ』“定子”高畑充希&“一条天皇”柊木陽太、可愛すぎるかくれんぼにネット悶絶「尊すぎる夫婦」

4月1日(月) 6:00

吉高由里子が主演を務める大河ドラマ『光る君へ』(NHK総合ほか)第13回「進むべき道」が31日に放送され、夫婦となった定子(高畑充希)と一条天皇(柊木陽太)が仲良くかくれんぼをして遊ぶ姿が描かれると、ネット上には「可愛すぎる」「尊すぎる夫婦」「ああああ仲睦まじいぃぃぃ」といった声が集まった。

【写真】無邪気な笑顔の定子(高畑充希)『光る君へ』第13回「進むべき道」場面カット

兼家(段田安則)の謀略によって花山天皇(本郷奏多)が退位して4年。変わって即位した兼家の孫・一条天皇がついに元服する。そのわずか20日後、兼家の孫娘・定子が一条天皇に入内し夫婦となる。

年上の定子は一条天皇に「お上のお好きなもの、お教えください。お上のお好きなもの、私も全部好きになります」と優しく語りかける。一条天皇が「母上…つばき餅…松虫」と答えると、定子は「私、虫だけは苦手なんです」と返し、まだ幼い2人は互いに微笑み合う。

ある日、一条天皇は乳母・徳子(小田ゆりえ)とかくれんぼをして遊ぶ。鬼になった徳子は、定子の着物の中に隠れた一条天皇に気付きながらも「お上はどこかなぁ?」と探し、定子に「女御様、お上はどちらに?」と話しかける。定子は笑顔で着物の裾の膨らみを見つつ「さあ?どちらにいらしたのかしら?」と応じる。

そこへ一条天皇の母・詮子(吉田羊)がやってくる。すると一条天皇は定子の着物の中から姿を見せて「母上、ようこそおいでくださいました」と笑顔で迎えるのだった。

幼い定子と一条天皇が仲良く遊ぶ姿に、ネット上には「えーなにこの可愛すぎるかくれんぼ」「かわいすぎかよ!!」「かわいいかわいい!!推しカプかも!!」などのコメントが続出。さらに「尊すぎる夫婦の爆誕である!!」「微笑ましいにも程がある」「ああああ仲睦まじいぃぃぃ一条天皇と定子さま推すーー!!」といった反響も相次いでいた。

■関連記事
【写真】『光る君へ』第13回「進むべき道」場面カット
【写真】『光る君へ』松下洸平の扮装姿公開
【写真】ファーストサマーウイカ、清少納言は「共感できるところが多い女性」
『光る君へ』まひろ&倫子、道長を巡る三角関係にネット悶絶「あ〜残酷」
『光る君へ』“まひろ”吉高由里子&“道長”柄本佑、密会キス→求婚→急展開に反響「つら…つらい」
クランクイン!

エンタメ 新着ニュース

合わせて読みたい記事

編集部のおすすめ記事

エンタメ アクセスランキング

急上昇ランキング

注目トピックス

Ameba News

注目の芸能人ブログ