『連続ドラマW 坂の上の赤い屋根』風雲急を告げる第4話が本日放送!沙奈は両親を殺害した人物なのか――

『連続ドラマW 坂の上の赤い屋根』

『連続ドラマW 坂の上の赤い屋根』風雲急を告げる第4話が本日放送!沙奈は両親を殺害した人物なのか――

3月24日(日) 12:00

提供:

“イヤミスの名手”とも呼ばれる真梨幸子の同名小説を映像化した『連続ドラマW 坂の上の赤い屋根』がWOWOWで放送・配信中だ。18年前に起きた凄惨な「女子高生両親殺害事件」。それを小説にしようとする編集者と新人作家が取材を進める中で、秘められた真実が次第に紐解かれていく。

本作は桐谷健太演じる主人公の編集者・橋本と、倉科カナ演じる事件を追うバディとも言える新人作家・沙奈のふたりを軸に、事件にかかわる登場人物たちの視点も交錯して展開していく。轟書房のエース編集者である橋本は、事件の主犯格とされる死刑囚・大渕の自叙伝をヒットさせた経歴をもち、現在は同事件をモチーフにした小説連載を実現させるべく、新人作家の沙奈と事件の取材を行っている。そしてその沙奈は、数年前に新人賞を受賞し注目されたがその後は鳴かず飛ばず。大渕の自叙伝に強い興味を抱き、橋本に事件をモチーフにした小説企画を持ち込んだことから本作のストーリーが動き出す。

一見サスペンスの探偵役を担うカップルのようにも見えるふたりだが、物語の序盤からまずは沙奈のただならぬ一面が見え隠れし始める。小説執筆のため取材に真摯に取り組む一方、帰宅すると母親があまりにも過保護に接してきたり、なぜか過去の記憶が曖昧だったりと、何らかの事情が見え隠れするのだ。そもそも彼女のこの小説への熱意自体にも単なるヒット作への渇望以上の執着が垣間見られ、しかもそれは物語が進むごとに高まりどんどん執筆にのめり込んでいく。

そんな沙奈のことをサポートする橋本は、彼女のことを上司であるカリスマ編集長・笠原にはアシスタントとして紹介しつつ、大渕のかつての愛人や事件を起こした女子高生・彩也子の幼なじみなど、関係者への取材を着実に進めていく。さすがエース編集者、とも思えるのだが、彼にも時折見せるドライでキレ者すぎる一面があり、やはりただの熱血主人公ではなさそうな、不穏な気配を醸し出していく。

実は、本作のカギとなっているのが“二面性”。登場人物たちはそれぞれに外から見えるものとは違う内なる顔を持っており、その最たる例が橋本と沙奈と言ってもいい。第3話にして、「沙奈は実は彩也子と同一人物なのではないか」という疑惑が浮かび上がるのだが、では橋本の二面性とは?桐谷は「この橋本という人物は他人から見ると得体の知れない、何を考えているか分からない男ですが、そこにはやはりタネがありました。そのタネを辿りながら、橋本という木を育てました」と語っているが、終盤となる第4話と第5話でこのタネが明かされていくことになる。

疑惑の存在となった沙奈が取る驚きの行動とは?そして橋本の秘められた人物像とは?本日放送の第4話は、全5話の中でも屈指の風雲急を告げる衝撃回だけに、物語を追ってきた方にとって絶対に見逃せないエピソードになるだろう。また、WOWOWオンデマンドとWOWOWのYouTubeチャンネルでは第1話を無料配信中。1話を見逃した方、見直したい方はそちらも要チェックだ。

WOWOW『連続ドラマW 坂の上の赤い屋根』

毎週日曜午後10時 【WOWOWプライム】【WOWOW4K】にて放送中
【WOWOWオンデマンド】第1話無料配信中
https://wod.wowow.co.jp/program/172028

出演:桐谷健太
倉科カナ橋本良亮床嶋佳子工藤美桜七五三掛龍也
西村元貴/宮崎美子渡辺真起子蓮佛美沙子斉藤由貴

原作:真梨幸子『坂の上の赤い屋根』(徳間文庫)
監督:村上正典(『フジコ』第32回ATP賞テレビグランプリ 特別賞・非放送系コンテンツ部門)
脚本:吉川菜美(『連続ドラマW 湊かなえ ポイズンドーター・ホーリーマザー』)
音楽:やまだ豊、南方裕里衣
プロデューサー:村松亜樹(WOWOW)、橋本芙美(共同テレビ)、関本純一(共同テレビ)
制作協力:共同テレビ
製作著作:WOWOW

公式サイト:
https://www.wowow.co.jp/drama/original/akaiyane/

真梨幸子・原作「連続ドラマW5人のジュンコ」:
https://wod.wowow.co.jp/program/M10745

ぴあ

エンタメ 新着ニュース

合わせて読みたい記事

編集部のおすすめ記事

エンタメ アクセスランキング

急上昇ランキング

注目トピックス

Ameba News

注目の芸能人ブログ