「クロウ飛翔伝説」監督、リメイク版製作について反対意見

「クロウ飛翔伝説」の場面写真

「クロウ飛翔伝説」監督、リメイク版製作について反対意見

3月22日(金) 11:00

提供:
1994年に公開されたカルト映画「クロウ飛翔伝説」のリメイク版「ザ・クロウ(原題)」の予告編が先日公開されたばかりだが、オリジナルを手がけたアレックス・プロヤス監督が批判の声をあげている。

「クロウ飛翔伝説」はジェームズ・オバーによるコミックの映画化で、近未来を舞台に悪党に殺された主人公がカラスによって蘇り、復讐を開始するというホラーファンタジー。主人公をブルース・リーの息子ブランドンが演じたものの、撮影中の発砲事故で他界したいわく付きの作品である。

リメイク版「ザ・クロウ(原題)」の予告編公開を受けて、プロヤス監督はFacebookに投稿。「どんな映画でもそうであるように、この作品のキャストやクルーは良い意図があったものと信じている」と前置きしつつ、「『クロウ飛翔伝説』は単なる映画ではない。ブランドン・リーはこの映画を製作中に亡くなり、この映画は彼の失われた才能と悲劇的な喪失への証として完成した。これは彼のレガシーなのだ。 そして、そのままにしておくべきだ」

YouTubeで公開された「ザ・クロウ(原題)」の予告編は低評価や否定的なコメントが多く寄せられ、「ファンの反応が全てを物語っている」とプロヤス監督は言う。

ちなみに、リメイク版はビル・スカルスガルド(「IT イット“それ”が見えたら、終わり。」「ジョン・ウィックコンセクエンス」)が主演を務め、「スノーホワイト」「ゴースト・イン・ザ・シェル」のルパート・サンダース監督がメガホンをとっている。リメイク版「ザ・クロウ(原題)」は6月7日全米公開。

【作品情報】
ジョン・ウィックコンセクエンス

【関連記事】
「ザ・クロウ」リブートの世界配給権、米ソニーが獲得
リメイク版「クロウ」から再び主演俳優が降板代役候補にニコラス・ホルト、ジャック・オコンネル
リメイク版「クロウ」悪役にアンドレア・ライズボロー

写真:Mary Evans Picture Library/アフロ
映画.com

エンタメ 新着ニュース

合わせて読みたい記事

編集部のおすすめ記事

エンタメ アクセスランキング

急上昇ランキング

注目トピックス

Ameba News

注目の芸能人ブログ