<新空港占拠>「けもの」じゃなくて「けだもの」なジェシー“大河”派閥に衝撃

裕子(比嘉愛未)を拉致した大河(ジェシー)に協力する者が判明/(C)日テレ

<新空港占拠>「けもの」じゃなくて「けだもの」なジェシー“大河”派閥に衝撃

3月4日(月) 10:35

櫻井翔主演のドラマ「新空港占拠」(毎週土曜夜10:00-10:54、日本テレビ系/Huluにて配信) の第8話が3月2日に放送された。謎の男として武蔵(櫻井)の妻・裕子(比嘉愛未)をつけ狙っていた大河(ジェシー)。獣(けもの)集団から離脱して暴走しているかに思えたが、彼に協力する裏切り者が明らかになった。(以下、ネタバレを含みます)
【写真】10年ほど前の武蔵(櫻井翔)と裕子(比嘉愛未)のシーン

■武蔵の妻・裕子を恨む獣の“鼠”こと大河

本作は、2023年に放送された「大病院占拠」(日本テレビ系)の続編。神奈川県初の国際空港「かながわ新空港」を突如として獣の面をかぶった武装集団が占拠。神奈川県警捜査一課の武蔵三郎(櫻井)が再び巻き込まれる。与えられた期限はわずか1日。極限状態で繰り広げられるタイムリミット・バトル・サスペンスとなる。

武蔵の妻で心臓外科医の裕子を比嘉愛未、裕子に接触する謎の男・大河をジェシー(SixTONES)、事件の指揮官を務める神奈川県警刑事部捜査一課特殊班(SIS)管理官・和泉さくらをソニン、武蔵の姉で人質となっている神奈川県議会議員・二葉を奥貫薫が演じる。

獣の“鼠”だった大河が、武蔵に裕子が1年前に犯した罪を明かすよう迫った第8話。その罪とは、第2話で描かれた空港の建設を担当した建設会社会長のパワハラで追い詰められて自殺を図った新見百花(楠木杏)に関すること。百花は裕子が勤める病院に運ばれたが、上司の意向で要人を優先することになり、百花の命が見捨てられる形になってしまったことだった。裕子は上司に体制を変えることを訴えていたが、現在に至るまで変わっておらず、大河は「結局お前は権力に首をつながれ、飼いならされている。それがお前の罪だ」と言うのだった。


■獣の中に裏切り者が!?

その大河は、“鼠”として武装集団に参加していたものの、考えの相違から離脱していたのは前回描かれたとおり。うそを暴いて社会に制裁をゆだねるのではなく、本当の裁きをするという過激な大河は、獣(けもの)ではなく、「俺は獣(けだもの)になる。この世界に血の雨を降らせてやる」と言い放った。

そんな大河が「俺についてくるやつは?」と獣メンバーに問い掛けたが、誰も賛同する者はいなかった。裕子を捕らえたことは大河の暴走――。ところが、実は獣の中に大河に協力する者がいたのである。


■大河派閥の多さに驚きの声が続出

獣のリーダーで“龍”こと駿河悠月(高橋メアリージュン)と、その双子の妹で“蛇”こと駿河紗季(宮本茉由)があぶり出した裏切り者は、“兎”の浜松奏(安斉星来)とその姉である“羊”の詩(山本千尋)だった。

さらに、まだ悠月たちは気づいていないが、“猪”の松長仁(後藤剛範)と、百花の親友だった“鶏”の重原瀬奈(山谷花純)も大河一派であることが分かった。

過激な思想を持つ大河の派閥=裏切り者が半数近くに及ぶという衝撃。SNSには「裏切り多すぎ!」「けだものに落ちた人たちがこんなに」「けだものvs獣が始まるのかな?」「松長と瀬奈 各々大事な人にも内密に裏切りに加担したのは予想外」「分裂で予想外の展開にワクワク」など、大いにざわついた。

◆文=ザテレビジョンドラマ部



【関連記事】
【写真】幸せそうな雰囲気を出す櫻井翔“武蔵”と比嘉愛未“裕子”夫婦
【写真】美人双子姉妹の高橋メアリージュン“悠月”と宮本茉由“紗季”
<新空港占拠>「本当の山猫」と獣の“犬”は誰なのか、視聴者の考察が白熱
<新空港占拠>緊迫シーンも裏では…岩瀬洋志&平山浩行&手塚とおる、“動く死刑台”の前でにっこりな仲良しショットに反響
<新空港占拠>“獣”10人がお茶目ポーズ…印象ガラリな和やかショットに「ほっぺハートかわいい」「ギャップすごい」の声
WEBザテレビジョン

エンタメ 新着ニュース

合わせて読みたい記事

編集部のおすすめ記事

エンタメ アクセスランキング

急上昇ランキング

注目トピックス

Ameba News

注目の芸能人ブログ