陰謀論と恋心を絡めた前代未聞のラブコメ!? 大ヒット『チ。』作者の新作に注目

陰謀論と恋心を絡めた前代未聞のラブコメ!? 大ヒット『チ。』作者の新作に注目

2月27日(火) 21:00

提供:
アニメ化が決定している大ヒット作『チ。―地球の運動について―』では、異端とされた地動説の証明に命を賭けた人々を描いた、魚豊さん。最新作『ようこそ!FACT(東京S区第二支部)へ』のテーマは陰謀論なのだが、世界を揺るがしたふたつの出来事が創作のきっかけになっている。
深読みしすぎて迷宮入り!?恋と陰謀論が行き着く先とは。

「ひとつは、2021年にアメリカで起きた議事堂襲撃事件。あまりにもセンセーショナルで驚いたのと同時に、陰謀論にまつわるこれほど大きな事件は、今後起こりようがないだろうと思いました。だけど翌年に、ロシアとウクライナの戦争が始まって。ほぼリアルタイムで送られてくる戦地の映像に対して、SNSなどでは『これは陰謀で、ウクライナではそれほど人は死んでいない』なんてコメントを見かけたりする。戦争という大惨事すら呑み込んでしまうくらい、陰謀論は大きな事象になっていて、なくなるどころか、もはや人間がずっと付き合っていかなければならないものだと思ったんです」

そもそも、陰謀論にハマりやすいと自覚している人なんていないはず。主人公の渡辺も例外ではなく、食肉の冷凍倉庫で積み下ろしのアルバイトをしながら、人生を好転させようと自己啓発セミナーに参加していたものの、まんまと騙されてしまう。失意のどん底にいた彼を救うのが、飯山さんという女性だった。

「陰謀論に陥る人は、物事を深読みしがちなところがあるらしいんです。その情報の奥に本当のことがあるのではないかと必要以上に疑ってしまう心理は、恋愛に置き換えてみると意外と身に覚えがあったりしますよね。陰謀論を信じる人の気持ちはイメージしにくいけど、恋と絡めれば身近なこととして描けるかもしれない。この発見は大きかったです」

裕福な家庭に育った大学生の飯山さんは、世の中を良くしたいという高い志を持っている。フリーターの渡辺とは、いわば住む世界が違うのだが、“恋は盲目”状態の彼にはそれさえも燃料になってしまう。

「経済的・文化的格差は、残酷な現実としてあらゆる場面に存在していますが、心だけは平等だと思うのです。渡辺と飯山さんのようにたとえ格差があったとしても、通じ合うことはできるっていうのも、描きたかったことのひとつだったりします」

恋心が暴走して渡辺はやがて謎の組織と接触するのだが、1巻は序章としてもたっぷりの読みごたえ。

「よくわからない存在として陰謀論者を切り捨てるのではなく、共感できなくても認知はするというような、エンパシーが今の時代は大事だと思うんです。3作目にこのテーマで作品を描くチャンスを頂けたことを誇らしく思います」

魚豊『ようこそ!FACT(東京S区第二支部)へ』1「人生が始まってる気がしない」19歳青年が、意識の高い女子大学生を好きになり、世界を揺るがす陰謀論と出合う、前代未聞のラブコメ。3月12日に2巻発売予定。小学館715円©魚豊/小学館

うおとマンガ家。2018年「ひゃくえむ。」で連載デビュー。『チ。―地球の運動について―』で第26 回手塚治虫文化賞マンガ大賞など数々の賞を受賞。

※『anan』2024年2月28日号より。写真・中島慶子インタビュー、文・兵藤育子

(by anan編集部)

【関連記事】
無料作品も充実! 人気マンガアプリ&ウェブ担当者おすすめ“オリジナルマンガ”6選
売野機子『インターネット・ラヴ!』も! 年末年始必読、注目の“恋愛マンガ”6作品
ピュアで優しい青春物語やカオスなラブストーリーも! 「ananマンガ大賞」準大賞4作品
ananWEB

生活 新着ニュース

合わせて読みたい記事

編集部のおすすめ記事

エンタメ アクセスランキング

急上昇ランキング

注目トピックス

Ameba News

注目の芸能人ブログ