春に最高のスタートを切るには?【手相占い】幸せを掴む「最強の手相」

春に最高のスタートを切るには?【手相占い】幸せを掴む「最強の手相」

2月26日(月) 21:15

提供:
1年のうちで最も健やかなる風が日本を包み込む春。出会いと別れの季節でもあるこの時期に、幸運を掴みやすい手相があります。今回は占い師の五十六謀星もっちぃが、春に開運しやすい手相を4種類ご紹介します。
「スター」と呼ばれる線がある

図のように、3から4本の短い線が交差している小さな模様を、手相の世界では「スター」と呼びます。このような線は幸運の印とされています。細かな意味合いは、これがどこにあるかによっても変わってくるのですが、中指の直下にある場合を除いて、全て良い意味を持っています。

幸運のスターを持っている人は、新しい活動の好機である春に、自分の才能をフル活用して運気を底上げすることができるでしょう。

旅行線がある

生命線の先端が二股に分岐しているなら、それは旅行線と呼ばれる線です。これは文字通りに旅行運が良いという解釈もありますが、より専門的には、本来の生活の拠点と離れた場所で活躍する運気を示すこともあります。

このような線の持ち主は、旅立ちに最適な春という季節に新しい活動の舞台を求めることで、大きな幸運をつかむことができるでしょう。

運命線が複数ある

手のひらの真ん中を縦断する線を運命線と呼びます。この線は1本だけあるのが標準と考えられていますが、もしもこれが複数あるなら、様々なことに対して興味を持つ人物であることを暗示しています。むしろ運命線が複数あるならば、たった一つのことだけに人生を費やすのではなく、複数のことに全力で取り組むのが良いとすらいえるでしょう。

運命線をたくさん持っているならば、春が来るたびに自分自身のスキル開発に挑戦してみて。この機会に新しい学びのチャンスがないか探していきましょう。

親指の付け根に模様がたくさんある

親指の付け根のエリアは、手相占いの世界では金星丘と呼ばれています。この部分は愛情や家庭などの分野と関わりが深いです。ここに図のような格子模様が多数現れている人は、恋多き人であると言われています。

出会いの季節である春は、恋を求める人にとって絶好のチャンスでもあります。新しい恋愛をしたいと願っているならば、春の間に新しい物語を求めて行動を起こしましょう。

五十六謀星もっちぃ

10代の頃から占い一筋に生きる職業占い師。 著書『占い大学公式テキスト五十六謀星もっちぃの西洋占星術講義』(説話社)など


文・五十六謀星もっちぃ

【関連記事】
2024年の運気爆上がり! 幸運をゲットできそうな「最強の手相」4選
“書きこむだけ”で開運に! 2024年の「運気をアップさせる手相」
絶好の開運タイミングです! 春までに取り組むべき「風水、開運行動」
ananWEB

生活 新着ニュース

合わせて読みたい記事

編集部のおすすめ記事

エンタメ アクセスランキング

急上昇ランキング

注目トピックス

Ameba News

注目の芸能人ブログ