『ジョン・ウィック』スピンオフ『バレリーナ』2025年に公開延期リブート版『クロウ/飛翔伝説』が先に公開

『ジョン・ウィック』スピンオフ『バレリーナ』2025年に公開延期リブート版『クロウ/飛翔伝説』が先に公開 (C)AFLO(C)Zeta Image

『ジョン・ウィック』スピンオフ『バレリーナ』2025年に公開延期リブート版『クロウ/飛翔伝説』が先に公開

2月26日(月) 17:00

アナ・デ・アルマス主演の『ジョン・ウィック』スピンオフ映画『Ballerina(原題)』が、2025年6月6日に公開を延期。同作の公開予定日2024年7月7日には、代わりにリブート版『クロウ/飛翔伝説』が公開されることがわかった。

【写真】ブルース・リーの息子ブランドン・リー主演『クロウ/飛翔伝説』(1994)フォトギャラリー

『Ballerina』は、『ジョン・ウィック:パラベラム』(2019)に登場したバレエ学校で訓練を受けたバレリーナを主人公に映画化するもの。家族を殺した人々への復讐を試みる、若い女性暗殺者の物語を描くアクションスリラーになるという。

Varietyによると、同作は現在追加でアクションシーンの撮影を行っていると、製作会社ライオンズゲートの関係者が明かしたそうだ。『ジョン・ウィック』の監督チャド・スタエルスキがシリーズの監修を務めており、レン・ワイズマン監督と連携し、追加シーンの撮影に関わっているようだ。

一方で、ルパート・サンダースが手掛ける『The Crow(原題)』は、すでに仕上がっており、ライオンズゲートでは、『Ballerina』を急いで公開する必要はないと判断したとみられる。

『The Crow 』は、1994年に公開された『クロウ/飛翔伝説』を新たにリメイクする作品。同作はジェームズ・オバーのグラフィック・ノベル『ザ・クロウ』を元に、実写映画化したリベンジスリラー映画で、ブルース・リーの息子ブランドン・リーの遺作としても知られる。リブート版では、『IT/イット』のビル・スカルスガルドが主演し、FKAツイッグスやダニー・ヒューストン、ラウラ・ビルン、サミ・ブアジラ、ジョーダン・ボルジャーらが出演。ザック・ベイリンとウィル・シュナイダーが脚本を手掛ける。

『Ballerina』は、デレク・コルスタットが手掛け、ベイジル・イヴァニクとエリカ・リー、スタエルスキがプロデュースしたキャラクターを基に、シェイ・ハッテンが脚本を手掛ける。アナのほか、アンジェリカ・ヒューストン、ガブリエル・バーン、ランス・レディック、カタリーナ・サンディノ・モレノ、ノーマン・リーダスが出演。オリジナルキャストのキアヌ・リーヴスとイアン・マクシェーンもカムバックする。

■関連記事
キアヌ・リーヴス、亡くなった『ジョン・ウィック』ランス・レディックさんを追悼
キアヌが222段の階段から転がり落ちる!『ジョン・ウィック:コンセクエンス』初解禁映像を盛り込んだスポット映像到着
『ジョン・ウィック』監督、第5弾の可能性をを示唆キアヌ・リーヴスも出演か
急死したランス・レディックさん、死因が明らかに
キアヌ・リーヴス、『ジョン・ウィック』スタントマンに劇中で死んだ回数をプリントしたTシャツを贈る
クランクイン!

エンタメ 新着ニュース

合わせて読みたい記事

編集部のおすすめ記事

エンタメ アクセスランキング

急上昇ランキング

注目トピックス

Ameba News

注目の芸能人ブログ