佐津川愛美主演『毒娘』本予告解禁少女の無邪気な悪意が幸せな家族の“毒”を暴き出す

映画『毒娘』本ビジュアル (C)『毒娘』製作委員会2024

佐津川愛美主演『毒娘』本予告解禁少女の無邪気な悪意が幸せな家族の“毒”を暴き出す

2月22日(木) 19:00

佐津川愛美が主演する内藤瑛亮監督のホラー映画『毒娘』より、メインビジュアルと本予告が解禁された。

【動画】幸せな家族を“ちーちゃん”がぶっ壊す!映画『毒娘』本予告

本作は、2011年にインターネットの匿名掲示板で話題となった、ある新婚家族を襲った実際の出来事をモチーフとしたオリジナル脚本のホーム・パラサイト・ホラー。謎の少女「ちーちゃん」と家族の壮絶の争いを描く。現在、「ヤングマガジン」(講談社)で、本作の前日譚となる押見修造の「ちーちゃん」が連載されており、話題を集めている。

夫と娘の萌花と3人で中古の一軒家に越してきた萩乃。家庭に恵まれなかった彼女にとって、夢に見た幸せな家庭。しかし、ある日外出中の萩乃に、娘の萌花の悲痛な声で助けを求める電話がかかってくる。「ショートケーキとコーラ、買ってきて」。慌てて帰宅した萩乃が目にしたのは、荒れ果てた我が家と洋服をずたずたに切り裂かれた萌花、そして萌花に馬乗りになって大きな鋏を握りしめた見知らぬ少女の姿だった。

その少女の名前は“ちーちゃん”。かつてこの家に暮らしていたが、ある事件を起こして町を去ったはずだった。彼女の存在は、一見幸せに見えた萩乃たち家族が押し隠そうとしていた「毒」を暴き出し、悪夢のような日々の幕開けを告げる。

監督を務めたのは、『ミスミソウ』や『許された子どもたち』の内藤瑛亮。『惡の華』『血の轍』で知られる漫画家・押見修造が、内藤監督が作り出す世界観に共鳴し、“ちーちゃん”のキャラクターデザインを担当した。

この度解禁となったメインビジュアルは、“毒娘”と思われる少女を真正面からとらえた強烈なインパクトのデザインとなっている。目の周りは赤く塗られ、顔の中心には同じく赤で「X」がシンボリックに刻まれおり、毒々しい衣服を着用した少女がこちらを見据えている姿が捉えられている。

また、右半分だけが全て赤で塗りつぶされており、注意深く見てみると、左右で表情が異なり、どこか別人のようにも見える。この少女が“ちーちゃん”なのか?“毒娘”とは一体?意味深なメインビジュアルから、悪夢のような物語が予感される。

本予告では、慎ましくも平穏で幸せに満ちた生活をスタートさせたばかりの母、父、娘の3人家族のもとに、突如として“ちーちゃん”が現れる。「ケーキくれたら帰ってあげる」。世の中の常識や世間のルールなんて眼中にない。純度100%の無邪気さが生み出す“ちーちゃん”の悪意がこの家庭にもたらす惨劇とは?

映画『毒娘』は、4月5日より劇場公開。

■関連記事
【写真】大きなはさみを握りしめた少女の姿も―映画『毒娘』場面写真ギャラリー
【動画】少女・ちーちゃんの無邪気な悪意が幸せな家族の「毒」を暴き出す! 映画『毒娘』特報
佐津川愛美主演ホーム・パラサイト・ホラー『毒娘』、来年4.5公開へ特報解禁
川西拓実×桜田ひより主演映画『バジーノイズ』円井わん、奥野瑛太ら第3弾キャスト解禁公開日は5.3に決定
杏主演映画『かくしごと』6.7公開決定!ポスタービジュアル&予告編解禁
クランクイン!

エンタメ 新着ニュース

合わせて読みたい記事

編集部のおすすめ記事

エンタメ アクセスランキング

急上昇ランキング

注目トピックス

Ameba News

注目の芸能人ブログ