1億円以上の豪邸に住んでいる人は何%?最も高かったのは50代男性の家!一方、多数派の価格は2000~3000万円

1億円以上の豪邸に住んでいる人は何%?最も高かったのは50代男性の家!一方、多数派の価格は2000~3000万円

1億円以上の豪邸に住んでいる人は何%?最も高かったのは50代男性の家!一方、多数派の価格は2000~3000万円

2月20日(火) 11:17

不動産メディア「幸せおうち計画」を運営するAZWAYは、10代から60代以上までの605人を対象に「家の価格」についてアンケートを実施しました。
再開発や円安、物価上昇で住宅価格が上がっている昨今。「一億円以上の家に住んでいる人はどのくらいいるんだろう?」と思っている人も多いのではないでしょうか。

そこで実施された今回の調査。どんな実態が明らかになったでしょうか。
持ち家の価格帯は「2,000万円〜3,000万円」が最多、「1億円以上」は全体の0.5%に

10代から60代以上までの回答者605人に「家の価格」について聞いたところ、1億円以上の家に住んでいる人は3人で全体の0.5%という結果になりました。中でも最も高かったのは「1億1,000万円」の家で、延べ床面積は320㎡とかなりの広さになっています(50代男性)。

一方、持ち家の価格帯でいちばん多かったのは、「2,000万円〜3,000万円」で183人おり、全体の30.2%という結果になりました。

続いて多かったのが「3,000万円〜4,000万円」で152人(25.1%)、3位が「1,000万円〜2,000万円」で106人(17.5%)となっており、「4,000万円以下」の家に住んでいる人が、全体の約8割を占めています。
持ち家の価格、一戸建て・マンション共に「2,000万円〜3,000万円」が最多

続いて、持ち家の価格を住居タイプ別に見てみたところ、一戸建て・マンション共に「2,000万円〜3,000万円」の家に住んでいる人が最も多いという結果になりました。いちばん多い価格帯に関しては、住居タイプによって顕著な違いは見られないことがわかります。

一方、「4,000万円以上」の価格の物件に住んでいる人の割合は、一戸建てに比べマンションの人の方が多いという結果に。一戸建てでは4,000万円以上の住居に住んでいる人は18.8%なのに対し、マンションでは23.1%になっています。

また、広さでは一戸建ての方が坪面積が広いものの、マンションに住んでいる人の方が4,000万円以上の物件に住んでいる割合が多い結果になっており、価格を決めている要素は一概に広さと関連づけることはできないとわかります。
関東エリアと近畿エリアの物件購入価格が高い傾向に
最後に、物件の購入価格を「北海道」「東北」「関東」「中部」「近畿」「中国」「四国」「九州」の8つのエリアに分けて比較してみたところ、エリアごとに購入価格に違いがあることがわかりました。

「中国」「四国」「九州」エリアでは、他のエリアと比べて「2,000万円〜3,000万円」の家を購入した人の割合が多くなっています。

また、「北海道」と「東北」では、「1,000万円〜2,000万円」で家を購入した人の割合が25%を超えており、他のエリアと比べて多い結果に。

逆に、「関東」や「近畿」では、「3,000万円〜4,000万円」の家を購入した人の割合がいちばん高くなっており、エリアごとに住宅価格に大きな差があることがわかります。
調査概要
調査対象:10代から60代以上までの人

調査期間:2023年12月14日〜2024年1月26日

調査機関:自社調査

調査方法:インターネットによる任意回答

有効回答数:605人(女性 310人/男性 291人/その他4人)

回答者の年齢:10代0.3%、20代8.4%、30代26.6%、40代31.4%、50代22.6%、60代以上10.6%

AZWAY

https://azway.co.jp

(マイナビ子育て編集部)

関連リンク
後藤真希さんが新築した豪邸ルームツアー動画を公開! 3階建ての広々新居で絶対に譲れなかったスペースとは?
賃貸物件での「原状回復」の意味、約半数が勘違い! 「借りた当初の状態に戻すこと」ではなく、正確な意味とは?
家を建てたい人必見! 菊地亜美さんこだわりの注文住宅に関するQ&A動画を公開
マイナビウーマン

生活 新着ニュース

合わせて読みたい記事

編集部のおすすめ記事

エンタメ アクセスランキング

急上昇ランキング

注目トピックス

Ameba News

注目の芸能人ブログ