ドラマ『ブレードランナー2099』監督決定!『SHOGUN 将軍』のジョナサン・バン・トゥレケン

ドラマ『ブレードランナー2099』監督決定!『SHOGUN 将軍』のジョナサン・バン・トゥレケン(※『ブレードランナー 2049』場面写真) (C)AFLO

ドラマ『ブレードランナー2099』監督決定!『SHOGUN 将軍』のジョナサン・バン・トゥレケン

2月20日(火) 15:00

Amazon Primeのリミテッドシリーズ『ブレードランナー2099』の監督に、真田広之主演で戦国時代の日本を描いたドラマ『SHOGUN 将軍』のジョナサン・バン・トゥレケンが決まった。

【写真】次はテレビに!『ブレードランナー 2049』フォトギャラリー

Deadlineによると、本作は、フィリップ・K・ディックのSF小説を原作にハリソン・フォード主演で製作された伝説的SF映画『ブレードランナー』(1982)と、2017年に公開された『ブレードランナー 2049』の続編になるようだ。

『ブレードランナー 2049』のアルコン・エンターテインメントと、オリジナル映画の監督リドリー・スコットのスコット・フリー・プロダクションズが手掛け、スコット監督と、『ブレードランナー 2049』脚本家のマイケル・グリーンとプロデューサーのシンシア・ヨーキンが製作総指揮として参加する。

当初は、昨年夏から北アイルランド・ベルファストで撮影を行う予定で、『ゲーム・オブ・スローンズ』のジェレミー・ポデスワが最初の2話の監督として起用されていたが、全米脚本家組合(WGA)のストライキにより撮影が延期したため、スケジュールの都合で彼が降板。トゥレケンが代わりに監督を務め、制作総指揮も取ることになった。トゥレケンは、戦国時代の日本を舞台にしたハリウッド製作の時代劇ドラマ『SHOGUN 将軍』のエピソード監督を務めた実績がある。

リミテッドシリーズ『ブレードランナー2099』はこのあと撮影地をチェコ・プラハに移し、4月からの撮影開始を予定している。

■関連記事
SF映画『ブレードランナー』がテレビシリーズに!リドリー・スコット監督が認める
『フューチャーワールド』スヌープ・ドッグ&メソッド・マン場面写真公開
『ブレードランナー』、リドリー・スコットが第3弾を計画中
『ブレードランナー 2049』、新旧ブレードランナーが対峙する新場面写真解禁
『ブレードランナー』デッカードはレプリカント? H・フォードとR・スコットが討論
クランクイン!

エンタメ 新着ニュース

合わせて読みたい記事

編集部のおすすめ記事

エンタメ アクセスランキング

急上昇ランキング

注目トピックス

Ameba News

注目の芸能人ブログ