真田広之、ハリウッド初主演作をアピール「この時代だからこそ求められているヒーロー像」

真田広之、ディズニープラスSTARオリジナルシリーズ『SHOGUN 将軍』ジャパンプレミア試写会に登場 クランクイン!

真田広之、ハリウッド初主演作をアピール「この時代だからこそ求められているヒーロー像」

2月19日(月) 20:25

ハリウッド俳優の真田広之(プロデューサー/吉井虎永役)が19日、都内で開催されたディズニープラス STAR オリジナルシリーズ『SHOGUN 将軍』ジャパンプレミア試写会に出席。真田はハリウッド初主演を務めプロデュースも手がけた本作で演じた主人公について「今この時代だからこそ求められているヒーロー像」とアピールし、「東西の壁を乗り越えて一丸となって作ったことこそが、一つの世界へのメッセージだと思っています」とも語った。

【写真】二階堂ふみは艶やかな和服姿で登場

本作は、ジェイムズ・クラベルのベストセラー小説『SHOGUN』を連続ドラマ化した、全10話から成る戦国スペクタクルドラマ。戦国最強の武将・虎永(真田)と、英国人航海士ジョン・ブラックソーンの出会い、そしてそこから巻き起こるドラマを描く。

真田は「長い旅路の果てに、ようやく皆様に、そして本国・日本の観客の皆様にお披露目できる日が来たこと、本当に嬉しく思います」「支えてくれた多くのスタッフ・キャストの情熱の結晶を見ていただける日が来て、本当に嬉しく思っています」と喜びのコメント。

また「この役をお引き受けしようとなったときに、なぜ今この役を演ずるのか?ということを考えたときに、やはりモデルである家康公の功績=戦乱の世を終わらせ長きにわたる平和の時代を築いた、その役を演ずることというのは、まさに今この時代だからこそ求められているヒーロー像なのではないかという思いで飛び込みました」と明かした。

プロデューサーとして原作に敬意を払い、オリジナリティも模索したという真田は「勇気をもって日本から海外の作品に飛び込んでいただいたキャスト、そして時代劇のスペシャリストのクルーたちの才能を、いかに最大限に引き出すかというのが自分の仕事だと思って、常に現場で一緒に戦ってきました」と撮影を振り返っていた。

この日は共演したコズモ・ジャーヴィス、アンナ・サワイ、平岳大、西岡徳馬、二階堂ふみ、ジャスティン・マークス(エグゼクティブプロデューサー/ショーランナー)、レイチェル・コンドウ(エグゼクティブプロデューサー)、ミカエラ・クラベル(エグゼクティブプロデューサー)も出席していた。

『SHOGUN 将軍』は2月27日からディズニープラスの「スター」にて独占配信開始(初回は2話配信、その後毎週1話ずつ配信。最終話は4月23日)。

■関連記事
【動画】真田広之主演『SHOGUN 将軍』日本版予告ハリウッドが本気で“戦国時代”描いたリッチな映像に
【動画】真田広之主演『SHOGUN 将軍』“ハリウッドの本気”が垣間見えるメイキング映像
【写真】真田広之、二階堂ふみら出演『SHOGUN 将軍』、全員クセ者のキャラポス解禁
真田広之ハリウッド初主演作『SHOGUN 将軍』、真田率いる国際豪華キャスト来日決定!キービジュアル解禁
真田広之ら『SHOGUN 将軍』チームがLAで記者会見!海外メディアから拍手喝采
クランクイン!

エンタメ 新着ニュース

合わせて読みたい記事

編集部のおすすめ記事

エンタメ アクセスランキング

急上昇ランキング

注目トピックス

Ameba News

注目の芸能人ブログ