WANIMA・KENTA「俺のインディゴ愛が伝わればいいなって」indigo la End川谷絵音への熱い思いを語る

WANIMA・KENTA「俺のインディゴ愛が伝わればいいなって」indigo la End川谷絵音への熱い思いを語る

WANIMA・KENTA「俺のインディゴ愛が伝わればいいなって」indigo la End川谷絵音への熱い思いを語る

2月18日(日) 22:30

提供:
TOKYO FMで月曜から木曜の深夜1時に放送の“ラジオの中のBAR”「TOKYO SPEAKEASY」。今回のお客様は、川谷絵音さん(indigo la End、ゲスの極み乙女、ジェニーハイ、ichikoro、礼賛)とWANIMA・KENTAさん。ここでは、4月11日(木)にindigo la Endもゲスト出演するWANIMA のライブツアー「Catch Up TOUR -1 Time 1 Chance-」について語っていました。

▶▶この日の放送内容を「AuDee(オーディー)」でチェック!


(左から)KENTAさん、川谷絵音さん



◆indigo la EndとWANIMAの対バンライブが開催!

川谷:もうすぐですもんね、4月11日(木)にZepp Fukuoka でインディゴ(indigo la End)との対バン!

KENTA:快く引き受けてくださって、ありがとうございます!

川谷:いえいえ、ありがとうございます。でも、この発表はWANIMAのファンが一番ビックリしているんじゃないですか?

KENTA:でも俺は、そのビックリしとることにビックリというか。俺らがインディーズデビューしたのが2014年なんですけど、そのときにインディゴとゲス(ゲスの極み乙女)が同時にメジャーデビューしたんですよね。

川谷:そうですね。

KENTA:だから、そこからずっとインディゴ、ゲスのことは知っていて。それで、自分がワーナー(Warner Music Japan)でメジャーデビューしたときも、絵音くんがワーナーにおって……っていうことで、俺のなかではずっと身近にいた存在やったから。「なんでインディゴなんですか!?」みたいに反応されても、「え、俺が聴いとったからよ」みたいな。

川谷:ハハハ(笑)。

KENTA:だから、WANIMAのファンの子たちにもすごく楽しみにしてほしいなと、俺のインディゴ愛が伝わればいいなって。

川谷:(笑)。

KENTA:それで、アレキ([Alexandros])と対バンさせていただいたときに、アレキの曲をちょっとカバーさせていただいて、アレキもWANIMAの曲をカバーしてくれたんですよ。だから、インディゴの曲もWANIMA風にできないかっていうことで、いま作戦を練っているんですけど。

川谷:えぇ! それはめちゃくちゃ聴いてみたいですけどね。

KENTA:まぁ……パンクロック寄りにはなると思うんですけど(笑)。

川谷:いやいや、すごく聴いてみたい。しかも(開催地が)福岡っていうのも。

KENTA:そうですね。

川谷:(お互いの出身である)長崎県と熊本県の中間地点というか。家族がいま福岡県にいるので、多分その対バンも観に来てくれるんですよ。あと姪っ子もいて、その子が観に来ると、いつもより集中力が上がるっていうのもあるんですよね(笑)。

KENTA:いいなぁ(笑)!


▶▶川谷&KENTAが“九州トーク”で大盛り上がり! 続きは「AuDee(オーディー)」で!

<番組概要>
番組名:TOKYO SPEAKEASY
放送日時:毎週月-木曜 25:00~26:00
番組Webサイト: https://www.tfm.co.jp/speakeasy/
TOKYO FM+

エンタメ 新着ニュース

合わせて読みたい記事

編集部のおすすめ記事

エンタメ アクセスランキング

急上昇ランキング

注目トピックス

Ameba News

注目の芸能人ブログ