反町隆史“藤巻”、妻の予想外の裏切りと波瑠“久留米”らの「まさか」の展開が反響を呼びトレンド入り<グレイトギフト>

反町隆史“藤巻”、妻・明日海りお“麻帆”の予想外の裏切りに呆然/ドラマ「グレイトギフト」第5話より(C)テレビ朝日

反町隆史“藤巻”、妻の予想外の裏切りと波瑠“久留米”らの「まさか」の展開が反響を呼びトレンド入り<グレイトギフト>

2月16日(金) 15:51

反町隆史が主演するドラマ「グレイトギフト」(毎週木曜夜9:00-9:54、テレビ朝日系)の第5話が2月15日に放送。反町演じる藤巻が妻の命を救うために“ギフト”に手を染めてきたのに、妻の予想外の裏切りに茫然自失。さらにラストシーンでの波瑠“久留米”らの「まさか」の展開が反響を呼び、X(旧Twitter)でトレンド入りした。(以下、ネタバレを含みます)
【動画】反町隆史“藤巻”が覚醒「とぼけるな」、佐々木蔵之介“白鳥理事長”につめよる

■殺人球菌“ギフト”をめぐるサバイバル医療ミステリー「グレイトギフト」

本作は、「ラストマン-全盲の捜査官-」(2023年、TBS系)や「TOKYO MER~走る緊急救命室~」(2021年・2023年、TBS系)などを手掛けた黒岩勉氏が脚本を務めるオリジナル作品。完全犯罪を可能にする殺人球菌“ギフト”をめぐるノンストップサバイバル医療ミステリー。

反町が優柔不断でうだつの上がらない大学病院の病理医・藤巻達臣を演じ、世にも恐ろしい球菌“ギフト”を発見し人生が激変していく。波瑠、明日海りお、小野花梨、盛山晋太郎(見取り図)、坂東彌十郎、津田健次郎、倉科カナ、筒井道隆、尾上松也、佐々木蔵之介らが出演し、JUJUの「一線」が主題歌となっている。

■筒井道隆“本坊”、倉科カナ“杏梨”をものしようと画策する姿に「ツボる」の声

経営コンサルタントの君島(高橋光臣)らを“ギフト”で殺害した郡司(津田)は、藤巻(反町)と本坊事務長(筒井)に自分に忠誠を誓わせ、殺害方法を種明かし。会員制ラウンジ「アルカナム」のオーナー・杏梨(倉科)とボーイ・立花(市川知宏)は郡司の協力者だった。

杏梨をものにしたい本坊事務長は、杏梨の今の本命が郡司と知り、郡司をぶっつぶそうと画策。郡司が病院内で不倫していることをネタに、自分たちの支配下にしようと藤巻と久留米(波瑠)に持ちかける。

そんな杏梨に心奪われすぎの本坊事務長の言動は「本坊事務長という謎キャラ。嫌いじゃない、ってか、無茶苦茶好き」「週を追うごとに筒井さん演じる本坊事務長にツボる」「本坊事務長のヤバいキャラがじわじわくるわ~」などとSNSで反響を呼んでいる。

■反町隆史“藤巻”、妻・明日海りお“麻帆”の裏切りに初めて気づき茫然自失

本編では藤巻と本坊事務長、久留米、奈良(小野)が4人で食事。そこで奈良が、郡司の不倫相手は看護師長の鶴下(片山萌美)ではないかと話す。郡司が不倫している可能性を知った藤巻は、“ギフト”の危険から妻・麻帆を守るため、郡司を不倫ネタで脅し、麻帆を転院させるように話してほしいとお願いした。

郡司が麻帆の病室に行くと、麻帆が郡司に抱きついた。郡司は元恋人で藤巻の妻・麻帆と関係があったのだ。郡司と麻帆の会話を廊下で聞いていた藤巻は、2人の関係に初めて気づく。麻帆は廊下にいた藤巻を病室に招き入れると、離婚話を切り出した。娘・あかり(藤野涼子)とともに家を出ていくという麻帆に、藤巻は自分が出ていくと離婚届を手に病室から出ていった。

妻・麻帆の予想外の裏切りに、藤巻は茫然自失。この一連の展開に「藤巻先生可哀想すぎる。奥さんを守る事だけを考えて来たのに」「自分の奥さん不倫してるの知る藤巻先生しんど」「藤巻先生のメンタル心配すぎる」「藤巻先生の妻に呆気に取られたけど、その後の離婚話で娘が妻に加担したのが解せん」などと、藤巻を心配したり同情する声がわきおこる。


■津田健次郎“郡司”、片山萌美“鶴下”への愛ある人工呼吸に「じーん」

郡司と麻帆の関係を確信した郡司と関係を持つ鶴下は、白鳥理事長(佐々木)を脅し“ギフト”を手に入れた。藤巻に電話し「これから復讐します」という鶴下の言葉で、藤巻は鶴下が郡司を殺すつもりだと気づく。妻と郡司の関係を知り自暴自棄になっていた藤巻だったが、医者としての自分を思い出し、郡司の元へ急いだ。

鶴下の狙いは自分ではなく麻帆だと気づいた郡司は、藤巻とともに麻帆の病室に急ぐ。麻帆は無事で安心していたところ、廊下にいた鶴下の背後から誰かが近づいてきた。それは白鳥理事長で、鶴下に“ギフト”を注射。倒れた鶴下に白鳥理事長が心臓マッサージし、かけつけた郡司が必死に人工呼吸するが、首すじに黒ずみが発生し死亡した。

郡司が鶴下を必死に助ける姿に「突然のマウストゥマウスは心臓に悪い。。。きゅぅうってなった」「冷静になってみると、ギフト飲んだかもしれない人に躊躇なくマウストゥーマウス出来るってめちゃめちゃ愛やないかと思いじーんとしてる」「最後に叫んだところとか人間味あった」などの声でSNSが盛り上がる。

■反町隆史“藤巻”、理事長室にいた波瑠“久留米”らの姿に衝撃

久留米と本坊事務長は、鶴下の首すじに黒ずみがあることを見て、死因が“ギフト”だと確信。藤巻と郡司は、鶴下を殺したのは白鳥理事長だと確信していた。「もう終わりにしたい」という藤巻に、郡司が「真相を教えてやる」と言い、白鳥がいる理事長室へ向かった。そこには白鳥理事長、アルカナムのオーナー・杏梨、本坊事務長、久留米がいた。そして「彼らはみんな私と志を同じにしたチームですから」という白鳥理事長の言葉に衝撃を受ける藤巻だった。

理事長室に久留米や本坊事務長がいたことに視聴者も仰天。「今回のラストは衝撃」「久留米さん(#波瑠)までもが白鳥の元に集まってるのを観て、もう誰も信じられない」「久留米さんいい人って信じてる」「もう誰が一番の悪なのか訳がわからん」などと反響を呼び、「#グレイトギフト」がX(旧Twitter)でトレンド入り、「#藤巻先生」や「#郡司先生」も名を連ねた。

◆文=ザテレビジョンドラマ部



【関連記事】
【動画】“ギフト”は新たなステージへ…反町隆史“藤巻”のもとに真犯人から電話がかかる
【写真】津田健次郎“郡司”に会えてうれしそうな藤巻の妻・明日海りお“麻帆”の場面写真など全12点
反町隆史“藤巻”が笑ってる…津田健次郎&佐々木蔵之介との“イケおじ”3ショットが「最高すぎる」<グレイトギフト>
<グレイトギフト>反町隆史“藤巻”を待ち受ける悲劇の数々と“妻の裏切り”…「最初から僕をだましていたのか」
闇の皇帝・津田健次郎“郡司”爆誕でトレンド入り筒井道隆“本坊”のヤバさに驚きも<グレイトギフト>
WEBザテレビジョン

エンタメ 新着ニュース

合わせて読みたい記事

編集部のおすすめ記事

エンタメ アクセスランキング

急上昇ランキング

注目トピックス

Ameba News

注目の芸能人ブログ