大沢たかお、潜水艦艦長の役作りで「半年泳ぎ続けた」玉木宏は「正直、変かなと(笑)」

大沢たかおと玉木宏

大沢たかお、潜水艦艦長の役作りで「半年泳ぎ続けた」玉木宏は「正直、変かなと(笑)」

2月15日(木) 20:30

提供:
かわぐちかいじ氏の大ヒットコミックを実写化したAmazon Originalドラマ「沈黙の艦隊 シーズン1 ~東京湾大海戦~」(配信中)の7~8話最速試写イベントが2月15日、都内で行われ、主演を務める大沢たかお、共演の玉木宏が出席した。

【フォトギャラリー】大沢たかおと玉木宏、その他の写真

2023年秋に公開された映画「沈黙の艦隊」に、劇場版未収録のシーンを追加し、さらに劇場版のラスト以降の物語を描く全8話の完全版ドラマ。Prime Videoが日本の劇場版映画を製作し、その後ドラマシリーズとして全世界に配信をするのは初の試みとなる。日本のエンタテインメント作品では初めて海上自衛隊・潜水艦部隊の協力を得て、実物の潜水艦で撮影された。

すでに配信中の1~6話について、プロデューサーも務める大沢は「すごく評価をいただき、うれしいです」と安どの表情。Prime Video実写作品国内オープニング記録で歴代1位(ライブスポーツを除く実写作品の中で、配信開始後4日時点の国内視聴者数対象)に輝いており、「男性女性を問わず、幅広い世代の皆さんにご覧いただいたと聞き、感謝しています」と喜びの声をあげ、「まさに7~8話で、東京湾大海戦が展開し、ひとつのフィナーレを迎える」とアピールしていた。

大沢が演じるのは、日米で極秘裏に開発された、日本初の原子力潜水艦シーバットの艦長・海江田四郎。ある思いから、シーバットに核ミサイルを積んで反乱逃亡するという役どころだ。「9割は、潜水艦(のセット)での芝居だった」と振り返り、「海とともにある海江田にどう近づけばいいかわからず、水のことを知ろうと、半年くらい泳ぎ続けていた。何が見えたか?泳ぎがうまくなっただけ(笑)」と役作りを明かした。

この発言に対し、共演する玉木は「正直、変かなと(笑)。でも、まっすぐ物事を捉えるのはすごいなと思います」と苦笑まじり。大沢から茶々が入ると、「いえ、バカにはしていないです」と釈明していた。

玉木はシーバットを追いかける、海自のディーゼル潜水艦たつなみの艦長・深町洋を熱演。大沢とは4度目の共演で「大沢さんはすごくカッコいい先輩。ミステリアスな海江田という男を、大沢さんが演じることで魅力が倍増した。やはりすばらしい俳優」と敬意を示した。

一方、大沢は「こんなカッコいい人に、カッコいいと言われると(笑)。批判されたりしないかな?」と照れ笑い。設定上、ふたりが共演するシーンの撮影は、1日のみだったというが「玉木くんなら、こう演じるかなというイメージを超えて、さらにエネルギッシュな深町を演じていて、改めて尊敬しました」と賛辞を返した。

Amazon Original ドラマ「沈黙の艦隊 シーズン1 ~東京湾大海戦~」全8話は、Prime Videoにて世界240以上の国と地域に独占配信(2月16日に7~8話を配信)。

【作品情報】
沈黙の艦隊

【関連記事】
【フォトギャラリー】「沈黙の艦隊」壮大スケールのメイキング写真と新場面写真
大沢たかお、主演したプライムビデオ注目作「沈黙の艦隊」は「何としても結果を残さないといけない」
Prime Video注目作「沈黙の艦隊」“圧倒的な映像”収めた本予告&場面写真12点が一挙披露
映画.com

エンタメ 新着ニュース

合わせて読みたい記事

編集部のおすすめ記事

エンタメ アクセスランキング

急上昇ランキング

注目トピックス

Ameba News

注目の芸能人ブログ