ブラッド・ピット、タランティーノ最後の監督作に出演か

ブラッド・ピット (C)AFLO

ブラッド・ピット、タランティーノ最後の監督作に出演か

2月4日(日) 11:30

10本目で監督業からの引退を宣言しているクエンティン・タランティーノ。最後の監督作とみられる新作『The Movie Critic』に、『イングロリアス・バスターズ』と『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』でタッグを組んだブラッド・ピットが出演するようだ。Deadlineが報じた。

【写真】ブラピ×ディカプリオが豪華競演『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』場面写真

詳しいことは明らかになっていないが、同サイトでは、ブラッドが主演を務め、『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』でもタッグを組んだソニー・ピクチャーズが配給を手掛けるとみている。

タランティーノはこれまで、10作品の監督、もしくは60歳になったら引退すると公言してきたが、『キル・ビル』と続編『キル・ビル Vol.2』を1つの映画と見なしているため、本作が10本目の映画となる。

最後の監督作について、タランティーノは多くを語っていないが、昨年のカンヌ国際映画祭で行われた『ローリング・サンダー』(1977)の試写イベントで、同作の公開年のカリフォルニアが舞台になるとコメント。「かつてポルノ誌に映画批評を書いていた、実在したが、知られていない男の物語になる」と口にしていたそうだ。

タランティーノはティーンの頃に、自動販売機にポルノ雑誌を補充し、小銭を回収する仕事をしていたそう。「読むに堪えないものばかりだったが、ポルノ雑誌にはとても興味深い映画のページがあった」と以前Bamigboyeにコメントしていたという。

■関連記事
ブラッド・ピット、ドラマ版『Mr.&Mrs.スミス』への反応は?
ブラッド・ピット&恋人、元妻アンジェリーナ・ジョリーの父&兄と遭遇
ブラッド・ピット&イネス・デ・ラモン、デートをキャッチされる
ブラッド・ピット、60歳の誕生日を恋人と祝う
アンジー&ブラピの長女ザハラ、苗字からピット姓を外す
クランクイン!

エンタメ 新着ニュース

合わせて読みたい記事

編集部のおすすめ記事

エンタメ アクセスランキング

急上昇ランキング

注目トピックス

Ameba News

注目の芸能人ブログ