「帰ってきた あぶない刑事」吉瀬美智子、岸谷五朗、西野七瀬、早乙女太一、杉本哲太ら新キャスト8名発表「何十年越しの願いが叶いました!」

個性豊かな新キャストが初参戦!

「帰ってきた あぶない刑事」吉瀬美智子、岸谷五朗、西野七瀬、早乙女太一、杉本哲太ら新キャスト8名発表「何十年越しの願いが叶いました!」

1月17日(水) 8:00

提供:
舘ひろしと柴田恭兵のコンビによる人気刑事ドラマの映画最新作「帰ってきた あぶない刑事」の新キャストが発表され、吉瀬美智子、岸谷五朗、西野七瀬、早乙女太一、深水元基、鈴木康介、小越勇輝、杉本哲太が出演することがわかった。

【動画】お馴染みのメンバーも登場!「帰ってきた あぶない刑事」特報

1986年のテレビドラマ放映開始から38年。数多くの社会現象を巻き起こし、ドラマ&映画史上において「伝説」を作った「あぶない刑事」は、軽妙なトークと激しいアクション、他の刑事ドラマとは一線を画すオリジナルな世界観で魅了し続けてきた。2016年の「さらば あぶない刑事」から8年の時を経て製作された最新作は舘と柴田が再び主演を務め、浅野温子、仲村トオルらお馴染みのメンバーに加えて、新たに土屋太鳳がヒロイン役で出演する。

物語は、前作「さらば あぶない刑事」(16)で定年退職し、ニュージーランドで探偵になっていた舘演じるタカ(鷹山敏樹)と柴田扮するユージ(大下勇次)が横浜に舞い戻り、探偵事務所を開設するところからスタートする。

吉瀬が演じるのは、横浜に帰ってきたタカとユージの前に突如姿を現す謎の美女、ステラ・リー役。タカとユージにとって“キーパーソン”となるキャラクターを任された吉瀬は、「幼少期から観ていた作品だったので、今回参加できて嬉しいです」と喜びを語る。さらに、「舘さんと柴田さんがアイデアを出し合ってこの作品の魅力がより引き出されていき、何倍にも面白さが膨らんでいくことが、『あぶない刑事』が長くたくさんの方々に愛されている理由なんだと感じました」と現場の印象を明かした。

タカ&ユージと因縁があり、吉瀬演じるステラと手を組み極秘プロジェクトを謀る劉飛龍(リウ・フェイロン)役で出演した岸谷は、「このシリーズにしかない面白さや空気感。キャストが集まると、とんでもない空気になって、この作品の色が生まれて、みんなそこに夢中になる。それが『あぶない刑事』のような気がします」とコメント。

西野は、港署の捜査課長となった町田透(仲村)の部下、港署捜査課刑事・早瀬梨花役で参加。「“あぶ刑事”チームの皆さんのパワフルなチームワークで、その勢いに巻き込んでいただいたので、私もそこに乗っていけるように意識をして演じることができました」と撮影を振り返った。

早乙女は、銀星会会長・前尾源次郎の息子で、タカ&ユージに強い恨みを抱えるベンチャー企業「ハイドニック」の社長・海堂巧役で出演。狂気をはらむ悪役に挑戦した早乙女は、「“あぶ刑事”という自分の年齢よりも長い歴史を持つ作品の世界に入れて嬉しかった」と喜びを語った。

タカ&ユージの前に立ちはだかる最強の傭兵・黄凱(ファン・カイ)役で登場するのは、深水。「ファンカイは、鷹山、大下と敵対する役。 しかもアクションの絡みもあり!こんな光栄なことはありません」と話し、今作でも“あぶ刑事”らしいド派手なアクションが健在であることを明かした。

港署捜査課刑事・剣崎未来彦役は鈴木、剣崎と同じく港署捜査課刑事の宍戸隼人役は小越が担い、港署で奮闘する若手刑事コンビを好演。鈴木は「長い歴史の詰まった作品なので、参加できる嬉しさと同時にプレッシャーもありました。刺激が常にある現場でした」と振り返り、小越も「『あぶない刑事』という作品を、よりパワーアップしていくというエネルギーを間近で見て、携わることができて良かったなと思います」と述懐した。

町田(仲村)の同期で県警刑事部長の八木沼大輝役で参戦した杉本は、「レジェンド刑事ドラマ、あの“あぶ刑事”からの出演オファー。ずっと見ていましたし、出演したかったし!(笑)今回やっと何十年越しの願いが叶いました!」と喜びのコメントを寄せた。

「帰ってきた あぶない刑事」は、5月24日全国公開。各キャストのコメント全文は以下の通り。

【吉瀬美智子(ステラ・リー役)】

『あぶない刑事』という長年続いているシリーズ。私も幼少期から観ていた作品だったので、今回参加できて嬉しいです。舘さんと柴田さんがアイデアを出し合ってこの作品の魅力がより引き出されていき、何倍にも面白さが膨らんでいくことが、『あぶない刑事』が長くたくさんの方々に愛されている理由なんだと感じました。

私が演じたステラは、ミステリアスで色気のある女性。このシリーズの魅力の一つでもある、コミカルさとシリアスさの中で、大人の色気が良いスパイスになればいいなと思い挑みました。セクシーな舘さんとのシーンは注目していただきたいです。

映像も素敵に仕上がっていますし、キャストの皆さんもとても豪華。見どころ満載で期待を裏切らない作品になっていると思いますので、お楽しみにしてください!

【岸谷五朗(劉飛龍役)】

僕が演じた劉飛龍は、二十数年前からあぶない刑事の2人と、実は関わりがあった役。当時観ていた時のお話の中に自分は存在していたんだと思うと、感慨深いと同時にプレッシャーを感じました。でも舘さんと柴田さんがきっかけを下さって、その歴史の部分に一本の筋が通せたと思います。

このシリーズにしかない面白さや空気感。キャストが集まると、とんでもない空気になって、この作品の色が生まれて、みんなそこに夢中になる。それが『あぶない刑事』のような気がします。

私も少しだけ傍にいさせて頂いて、そういった雰囲気をひしひしと感じました。今までのファンの皆さまを裏切る事なく、そして初めて観る方も楽しめる作品になっています。是非劇場でご覧いただきたいです。

【西野七瀬(港署捜査課刑事・早瀬梨花役)】

オファーを頂いた際はすごく楽しみな気持ちでした。アクションシーンでは事前に練習の時間を設けていただきました。舘さんは拳銃の構え方などを「大丈夫だよ、平気だよ」と教えてくださり、一緒に練習もしていただいて、とても楽しい時間でした。

早瀬梨花は仕事のできる警察官で、とても真面目である一方、上司にもズバズバと意見を言ってしまうキャラクターです。部下が2人いるのですが、今まで誰かを引っ張っていく役をあまり演じたことが無かったので、不安な部分もありました。

ただ、“あぶ刑事”チームの皆さんのパワフルなチームワークで、その勢いに巻き込んでいただいたので、私もそこに乗っていけるように意識をして演じることができました。

舘さんと柴田さんのかっこよさが溢れる作品で、銃撃戦などアクションシーンも沢山あるので、ハラハラしながら楽しんで観ていただけると思います。是非、楽しみにしていただけたらと思います。

【早乙女太一(海堂巧役)】

“あぶ刑事”という自分の年齢よりも長い歴史を持つ作品の世界に入れることや、このシリーズならではの破天荒な感じ、昭和のエネルギッシュさに触れることは中々ない経験だと思うので、参加できてとても嬉しかったです。

僕が演じた海堂は表の顔は会社経営者ですが、裏は物静かさの中にある狂気や、不気味さを秘めている二面性のあるキャラクター。“あぶ刑事”のキャラクターはとてもキャラが濃いので、その中で印象付けられるかが不安でしたが、舘さんは優しく色々教えて下さって、柴田さんは「やっちゃったもん勝ちだから!」と言ってくださったことで、とても助けられたのを覚えています。懐深くこの作品に迎え入れて下さり、嬉しかったです。

お言葉をいただいたお2人に、そして“あぶ刑事”ファンのみなさまの期待に応えられるよう挑みましたので、楽しみにしていただけると嬉しいです。

【深水元基(黄凱役)】

あのっ!「あぶない刑事」に俺がっ!子供の頃から観ていた作品に自分が出演できるなんて夢のようでした。ファンカイは、鷹山.大下と敵対する役。 しかもアクションの絡みもあり!こんな光栄なことはありません。気合い入りましたよ!

お2人のチームワーク、アドリブなど現場で拝見した時はシビれました!超カッコいい鷹山、大下のアクションシーンは必見です!

【鈴木康介(港署捜査課刑事・剣崎未来彦役)】

「あぶない刑事」は僕が生まれる前からある作品だったので、観たことがなかったのですが、今回出演のお話をいただいた後、一か月以上かけて全部観ました。それだけ長い歴史の詰まった作品なので、参加できる嬉しさと同時にプレッシャーもありました。でも、両親に決まった連絡をしたら、僕以上に喜んでくれて。こうして愛してくれているファンがたくさんいるんだな、応えないとな、と思い挑みました。

車が大回転するとか、銃をぶっ放すとか、聞いたことのないスケールが詰まった台本で、最初はイメージが沸かなかったのですが、いざ撮影してみると本当に大迫力で、僕自身、大きなスクリーンで観るのが今から楽しみです。

刺激が常にある現場でした。僕は最年少でしたが、皆さんがプロとして扱って下さって、いつか恩返しができたらなと思います。そしてファンの皆様も公開をお楽しみにしてください!

【小越勇輝(港署捜査課刑事・宍戸隼人役)】

もう“さらば”していたじゃないですか(笑)という驚きがあったのですが、徐々に『あぶない刑事』シリーズに関わることができる嬉しさが湧いてきました。

過去の作品を観返してみて、現代には無い表現力があったり、出演している皆さんもすごくエネルギッシュで、今とはまた違った良さがたくさん詰まっている作品だと感じました。そこに自分が参加することでどんな風になるんだろうかと想像しながら、現場に入るのはすごく楽しかったです。

生まれる前から続いている作品に携わることは誰もができることではないので、すごく貴重な経験をさせていただいたと思います。今まで皆さんが作ってきたこの『あぶない刑事』という作品を、よりパワーアップしていくというエネルギーを間近で見て、携わることができて良かったなと思います。是非劇場で観ていただけたら嬉しいです。

【杉本哲太(県警刑事部長・八木沼大輝役)】

レジェンド刑事ドラマ、あの“あぶ刑事”からの出演オファー。上がりました。世代的にもずっと見ていましたし、出演したかったし!(笑)今回やっと何十年越しの願いが叶いました!

現場では仲村さんとの絡みがほとんどでしたが、トオルさんとは何度か共演もしていますし、そして年齢も同い年なので、緊張感の中で安心感もあり気持ちよく撮影に臨めました。

舘さん柴田さんのコンビがまた見られるなんて!もう“最高”でしかありません!

【作品情報】
帰ってきた あぶない刑事

【関連記事】
舘ひろし×柴田恭兵「もっとあぶない刑事」傑作選を無料配信!近藤正岳プロデューサーがセレクト
「帰ってきた あぶない刑事」土屋太鳳がタカ&ユージどちらかの娘!? “あぶデカ”らしさ満載の特報披露
8年ぶり「帰ってきたあぶない刑事」、舘ひろし「新しい感覚の全く違う“あぶ刑事”」

(C)2024「帰ってきた あぶない刑事」製作委員会
映画.com

エンタメ 新着ニュース

合わせて読みたい記事

編集部のおすすめ記事

エンタメ アクセスランキング

急上昇ランキング

注目トピックス

Ameba News

注目の芸能人ブログ