渋谷凪咲、NMB48・山本望叶主演、安部若菜原作ドラマ『アイドル失格』にゲスト出演!

ドラマ『アイドル失格』場面写真 (C)BS松竹東急/KADOKAWA

渋谷凪咲、NMB48・山本望叶主演、安部若菜原作ドラマ『アイドル失格』にゲスト出演!

12月28日(木) 18:00

NMB48・山本望叶が主演する2024年1月13日スタートのドラマ『アイドル失格』(BS松竹東急/毎週土曜23時)に、ゲストキャストとして渋谷凪咲の出演が決定した。

【写真】ドラマ『アイドル失格』に出演する渋谷凪咲山本望叶演じる実々花と対面する姿

本作は、NMB48メンバーとして活躍中の安部若菜による小説の実写ドラマ化。アイドルに恋愛感情を抱く「ガチ恋オタク」と、不動のセンターとしてキラキラ輝く「アイドル」という、出会ってはいけない2人の恋と成長を描く。

アイドルグループ“テトラ”は、センターの実々花、サヤ、あかり、萌で構成される人気急上昇中の4人組。しかし、高校2年生の実々花は、夢だったアイドルになったものの、理想と現実のギャップに悩み、笑顔の裏で孤独と虚無感を抱えていた。

そんななか、実々花はケイタと出会う。ケイタは夢や目標がなく冴えない日々を送る大学生だが、実々花の大ファンで、叶わない恋と知りつつも本気で実々花に恋をしているオタクだった。実々花はSNSを通じて自分を励ましてくれるケイタに惹かれ、ある日ケイタのバイト先に向かう。次第に接近しデートを重ねる2人だったが…。

主人公の人気アイドルグループ「テトラ」のセンター・小野寺実々花(おのでら・みみか)役に、安部と同じNMB48のメンバーの新世代ビジュアルエース・山本望叶(やまもと・みかな)。実々花にガチ恋するオタクのケイタ役に小林亮太。そして、「テトラ」のメンバー役には、NMB48の川上千尋、上西怜、泉綾乃が抜てきされ、フレッシュで今旬なキャストが顔をそろえた。

そしてこのたび、12月27日にNMB48を卒業した渋谷凪咲が、本作にゲストキャストとして出演することが解禁された。同時に解禁となった渋谷の場面写真には、部屋の陰から何かを見守る姿や、山本演じる実々花と対面する姿が映し出されている。実々花とどう交わっていくのか、どんな役なのか、どこで出演するのかは、放送で明らかになる。

ドラマ『アイドル失格』はBS松竹東急にて、2024年1月13日より毎週土曜23時放送(全12話)。

■関連記事
【写真】渋谷凪咲「これからもなぎさ前で待ち合わせやで!」今後の活躍を誓い、指切りでNMB48卒業
【写真】NMB48・山本望叶主演『アイドル失格』ビジュアル
【写真】NMB48・川上千尋&上西怜&泉綾乃、ドラマ『アイドル失格』に出演!NMB48・安部若菜の原作小説を山本望叶主演で実写化
NMB48・安部若菜原作ドラマ『アイドル失格』、NMB48・山本望叶主演でドラマ化
『翔んで埼玉 ~琵琶湖より愛をこめて~』、北村一輝、NMB48・川上千尋らの出演が明らかに
クランクイン!

エンタメ 新着ニュース

合わせて読みたい記事

編集部のおすすめ記事

エンタメ アクセスランキング

急上昇ランキング

注目トピックス

Ameba News

注目の芸能人ブログ